2011年10月27日

はちみつ みつろう ミツバチ

最近我が家のブームがミツロウろうそくナイト。
夜寝る前にミツロウろうそくを灯し、その光の中で絵本を読む。「今日は時間に余裕があるわ。」というときのみのスペシャルナイトなのだけれど、子どもたちもワクワク、炎を見つめる瞳はとっても綺麗。

電気を消して、小さなろうそくに火を灯すだけで普通の和室が洞窟みたいに感じられたり、神秘的な雰囲気になるから不思議。今日公園で幼稚園のお友達お母さんたちから、「朝晩火をたくと良いらしいよ。」と聞いたばかり。どうやら遠赤外線を皮膚に浴びることで免疫力がアップするらしい。色んなこと知っている人がいるのね。そのためという訳ではないけれど、子どもやわたしにとっても気持ちが静まるし、これは意外と良い習慣かもしれない。続けてみよう。

ろうそく.jpg

神楽坂のPBeesにハニーカムシートというミツロウろうそく手作りキットを見物に行ったところ「マヌカハニー」を1つ購入してきた。今まで気になっていたのだけれど、高価で「そこまでして?」と思っていたもの。このお店には効果のより高いものからお値段も何段階もあり、わたしでも手が届くものがあったので試してみることにした。

真ぬかはニー.jpg

お店の人によると、自然に作られ殺菌されていない生はちみつは抗菌作用が強いので、朝晩ティースプーンひとさじずつ舐めると風邪を引きにくくなる、とのこと。また、抗菌作用があるので夜歯磨きをした後寝る前に舐めても虫歯にならない。これには驚いた。本当かどうか実験する勇気はないので、朝やおやつのときに子どもに舐めさせるようにしようと思っている。60℃以上の熱を加えるとよい成分が消えてしまうので、食事や熱いお茶を飲む20分前に服用するとよいそう。個人的には冊子に紹介されている長寿の飲み物、リンゴ酢と蜂蜜、水で割ったバーモントドリンクが気になる。これは、血圧降下作用や整腸作用があるというので主人に勧めてみましょう。

西洋人にとって蜂蜜は薬であったり、みつろうは火をつくる大切な資源だったのだろうな、ふと想像する。ドイツ人のアーティスト、ヨーゼフ・ボイスの作品の中にも、みつろうやミツバチが多く出てくる。日本人にとっては梅干しとか玄米あたりかしら。。。と思ったり。

ろうそくたつ.jpg
posted by meg3 at 23:50| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。