2011年10月12日

忘れる前に。。

昨日久しぶりにお友達と会った。2歳の息子さんとお腹に赤ちゃんがいる彼女とはGAIAの野村奈央さんのワークショップで知り合った。ワークショップは2011年の春夏コースで一区切り、ということでなかなかお会いできなくなったのだけれど、不思議とワークショップ終わってからもそこで出会った人たちと会えたり、お便りを頂いたりということがあり「不思議と縁は続いていくのだなぁ。」と思う今日この頃。

元気一杯の2歳児Yくんはとっても元気元気。
「家で裸になるから困っているのよね〜。」とお友達。そういえば息子も脱いでたな。。。娘が未だにパンツ一丁で過ごすことが多い。「『裸育児』とか特にそういう意図は全くないのだけれども、室内では必ず靴下抜いで、トイレに行ったらなかなかパンツをはかない、お水飲んでTシャツがぬれたらそれをきっかけにスッポンポン。そんな感じだけど、それが原因で風邪を引くこともなかったからきっと大丈夫よ。それに気持ちが良さそうだよね。」とお友達に伝えたらホッとしていた。

そういえば、1人目の子育て中は大事ではないけれど「これで良いの?」という疑問がよくあった。でもまだ母としてずうずうしくなっていないから「この人にこんなこと聞いたら変だって思われちゃうかしら?」なんて遠慮しちゃったり、そういうことがあったかもしれないな。

忘れる前に書き留めたいことの1つが離乳食のこと。離乳食初めたての赤ちゃんを持ったお母さんから、「一般的な離乳食のルールがしっくりいかないのだけど、Mさんはどうしていた?」と聞かれることが多いので。参考になれば良いのですが。

わたしが一番参考になったのは、雑誌「ナナムイ」の保育園の特集に載っていた自然派保育園の月齢別の離乳食。
同じ食材を使って調理法を変えながらそれぞれの月齢に合ったかたさの食事が写真に載っていて、「細かいルールに縛れ食事を作るのも食べるのも楽しくなくなるのも嫌だわ〜。」と思っていたわたしにはしっくりいった。これを見て、品数、量、味つけなどおおざっぱな「目安」が掴めた。大人の食事の引き算で離乳食を作るようになったら楽だし、作りたてで家族と同じものを食べさせてあげられる。

離乳食2.jpg

もう1つ学んだのが「手づかみ食べ」。
息子はまだ流動食のときから自分の手でべちゃべちゃするのが大好きだった。遊び?とも思えるけれど、1/3くらいはくちにはいっているし、、、自分で食べたいという意欲はすごく感じたので、人参や大根、お芋などをステック状にカットして箸で強く掴んだら崩れるくらいに柔らかく火を通した。これを自分で食べさせ欲求をみたしご飯やお味噌汁はわたしが食べさせたら、楽になった。
これは個性もあるので、娘は「食べさせてもらう」のが好きだったので特にこの方法は必要なし。食べ方も、好みも人それぞれ、だから自分の子どもに合った方法が見つかると良い。

離乳食1.jpg

あとは、おせっかいおばちゃんと思われてしまうかもしれないけれど、よくお勧めするのが、「どんな赤ちゃんでも親と同じ時間に食事をとる。」たくさん食べなくても食卓を一緒に囲むと食に関心がわくのではないかな、と思うから。

それから、お母さんにとっても子どもと一緒に食事をする習慣をつけた方が、実は楽だと思うのがわたしの持論。子どもに先に食べさせて後で自分、だと1日があっという間に過ぎてしまう。「後でゆっくり」と思っても隣で赤ちゃんが泣けば中断しなくてはならない、というちょっとしたハラハラドキドキ感の中では気持ちまでゆっくりできることはまずないので、食事やお風呂もすべて一緒に済ませて、赤ちゃんが眠ったときは、たっぷり自分の時間にする。必ずしも、という話ではなくて、これを基本にすると、赤ちゃんも一緒に待てるようになるし、母と子の生活のリズムも合ってくる。抱っこや授乳、遊ぶ時間は別だけれど、いつもいつもお母さんが赤ちゃんのために100%向き合うのではなくて、手をかけすぎない方が良い部分もあると思う。

それから、妊娠中、産後わたしが参考にして、ヨガ友達などに勧めている本。
食事や買い物に手間をかけられないこの時期に、シンプルな材料、調理法で四季を感じられるレシピがたくさんのっている。写真がないのも、出来上がりや見た目に「うまくいった。」とか「失敗した。」という評価をしないで済むところも良い気がする(笑)。

ナナムイ.jpg







posted by meg3 at 22:29| Comment(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。