2011年10月10日

運動会

運動会を終え、1人お昼寝をしていたわたしの傍らで「ぼく、がんばれた。」とキラキラした瞳で、照れながらこっそり耳打ちしてくれた息子。その若い瞳はそれだけできれい。

親としてこういう瞬間は本当にギフトだなあ、と思う。

年長さんは出番がたくさんで、運動会の練習エピソードも毎日楽しそうだったので、無駄な心配はしていなかったのだけれど、唯一心配だったのが終盤の競技リレー。去年かけっこで転んでしまった息子君、順位よりも「転びませんように。」という心配の方が強かった。応援に来てくれたおばあちゃんたちも思いは一緒だったようで、息子が走り終えたら「転ばなくてよかった〜。」と口々に言っていて面白かった。2人とも息子の前ではそんなそぶりを見せていなかったけど、内心ドキドキだったのでしょう。

そんな親ばかなわたしたちの中で唯一全体を見ていたのがお義父さん。競技中にお友達と顔をぶつけてしまった女の子のことを「あの子、ぶつけちゃったんだよ。さっきまでは興奮してたけど安心して泣いてるんだな。」と解説してくれた。他にも孫の息子以外の子ども達の様子を良く見ていて「すごいな〜。」と思った。運動会のとき、カメラのファインダーを観ているとどうしても「我が子」だけがスポットライトみたいに見えてしまうけれど、本当は全体を見れたら良いのよね。いろんな視点の人がいると面白い発見がある。

リレーの結果は2位。みんなで2番だけれど、おじいちゃんにも「Tちゃん、足早くなったな〜。おじいちゃんびっくりしたよ〜。」と誉められ自分も足が速くなったと錯覚して、運動会帰り道「とうと、一緒に走ろうよ!」と得意げに駆けていた。元気で何より。母はちょっとくたびれたけれど無事終わってよかった。


おべんとう.jpg

運動会の楽しみの1つお弁当。なす、パプリカ、ピーマン、エリンギ、長ネギの揚げ浸し風・卵焼き・焼き南瓜・プチトマト・レタス・ゆで豚・から揚げ・さけとたらこのおみすび。彩りを意識してつくったみた。

メインの唐揚げがいまいち上手にできなかったのが残念。サクッと作りたいのだけれど揚げ方のコツがまだ掴めていたいみたい。お肉好きの娘がたくさん食べてくれたけれど、主人からはだめだし(笑)。

みんなから好評だったのは意外にもおむすび。たらこむすびが食べたいというリクエストをしていた息子はたらこばかり4個も食べた。嬉しいのか悲しいのか。。。でも5合分握った甲斐はあったかも。

実はこのお弁当の隠れテーマが「麹」。揚げ浸し風やゆで豚、おむすびには塩麹やだし麹を使用した。詳しくは改めて。

posted by meg3 at 12:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。