2011年09月29日

田中優さんの講演会

難しいことを分かりやすく、そしてワクワクする方向に話してくれる人はめずらしい。でも、ほんとうの頭の良さとか、賢さ、生きる力、ってそういうことだろうな、とあこがれる。

311以降、主婦なりに世の中で起きていることを知りたいと思って、ユーチューブやユーストリームなどで色々な講演会や中継を拝聴した。その中でも田中優さんのお話はとても分かりやすかった。現実を冷静につきながらも未来が明るい。ハラハラしたり、ドンヨリしたり、「なるほど〜。」と感心したり、でも、最後には必ず「聞いてよかった。」と思える講演。

「原発に頼らない安心できる社会へ」と表明した城南信用金庫理事長の吉原さんとの対談「幸せになる金融」もとっても面白かった。
「お金をもつと人は孤独になる」という話から、お金の歴史、信用金庫のあり方、その歴史などなど。大手銀行に預けたお金がクラスター爆弾になって子どもの命を奪っていたというお話はショックが大きかった。そんなこと知らずに預けているもの。無知は怖い。吉原さんも田中優さんも「地域社会」のあり方をキーワードにしていた。

10月9日(日)14:00〜 清澄庭園大正館で田中優さんの講演会があるそう。企画をしているKokua factory、メンバーとしてわたしのお友達が関わっています。お近くの方はぜひいらしてください。
Kokua factoryのホームページも素敵。→ 

田中優さんは色々な活動をされていて、わたしとしては天然住宅のような住居に住むのが夢。森林保護もしながら、耐久性があり、省エネ、体にも良い住まいを作っている。消費者としても自然、環境、健康、雇用、社会の循環を意識して「お金」を使うシステムがその魅力。まずは「仮説じゃない『復興住宅』」に出資かな。

posted by meg3 at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。