2011年09月20日

子どものからだの不思議

お彼岸前日、息子が高熱を出した。
午前中わたしがダラダラしていたので、主人が子ども達を連れて焼き肉屋さんに連れて行ってくれたその後に「なんだか変。」と座布団に丸くなる。夕方とうとう38.6℃になる。もっと上がりそうな予感。

お布団に横になるとメソメソしながら「ここが痛い。米ぬかやって。」と息子自ら指示があったので、くるぶし、ふくらはぎ辺りを米ぬかカイロで温める。「温かいと痛みがなくなっていくね。」と呟いた後そのまま眠った。発熱するととたんに心細くなるのはいつもと同じ。でも、最近はお腹や足首などを自分から温めたがる。自分で自分の体のこと分かっているようなので、それに即して手当てをする。

夕飯のときにうどんを用意したのだけれど、食べられず。そればかりか「過呼吸?」と思うほどウォーウォー大泣き、大吠え。相当溜まっていたエネルギーを発散しているようだったので、とにかく泣きたいだけ泣かせて汗びっしょりの洋服を着替える。

夜もずっと熱い。水分をとって何度もトイレに行った。12時頃熱は大分下がったようなのだけれど「頭がズキズキする。」という。多分動物性過多になっているのと、「便が出るとスッキリするのだろうな。」と推測。椎茸スープをあげたかったけれど、夜中に作るのはたいへんだったので、リンゴジュースにレモン汁を加えたものを少量ゆっくり飲ませた。明け方頭痛は治まったようなのでホッ。

こんな一晩を過ごしながら、「そう言えば。。。」と去年のダイアリーを見ると、去年もお彼岸の直前に40℃近い熱を出している。実は今年も「そろそろ来るかな?今年は来ないかな?」と予防接種を見合わせていたところだった。

秋口これから寒くなる冬に向かって、骨盤、肩甲骨、頭蓋骨が閉まっていく。秋口にきちんと発熱しておくと、骨盤の動きもスムーズにおきて寒い冬が心地よく過ごせる。前の季節の毒だしもしてくれる。どうやら息子のからだは自然にこのサイクルにのれているみたい。

去年はわたしも息子の数日後発熱したのだけれど、今年は難しいかな。最近なんとなく体がだるくて横になることが多い。ヨガや活元運動をすると、少しからだがゆるんで肩甲骨辺りから汗がでて熱が出そうになるのだけれど、すっきりしない感じ。

娘は例年通り鼻垂れとちょっと喉を痛くする、水分を良くとり排泄量を増やす、というマイルドバージョン。「こういう体の整え方もあるのかな。」と野村先生に伺ったことがあるけれど、やはり「きちんと熱が出るようになったほうがよい。」とのこと。息子と娘の背中の形をみて、「Tくんのほうがしっかりした背中をしていますね。Nちゃんも背骨に愉気をしてあげると時期に風邪をきちんと経過できるようになりますよ。」と教えてくださった。

野口整体を勉強するようになってから、子どもの寝相にも注意するようになった。
昨日の発熱のとき、息子は両腕を前に抱えるようにして眠っていた。今まで見たことがない寝相。胸を守りたかったのか、肩甲骨を広げたかったのか、きっと自分のからだが楽になるようにしていたのだと思う。

それから左右体癖がある息子は、風邪を引く前にちょっとソワソワ落ち着きがなくなり、今回は右足が左足よりも少し長くなっていた。左右差が最大になったときに発熱をして調整している。子どもが眠っている間に色々チェックしているわたしの姿も怪しいけれど、習慣にすると面白い。後から考えて「そうだったのね。」ということも多く、子どものときにかかるすべての病気はからだを丈夫にするために経過するもの、ということを理屈ではなくて体感として感じることができるようになった。

ものを落としたり、人にぶつかったり注意力散漫になっていた息子を「落ち着きなさい!」と注意していた主人も、息子が犬のように吠えていたときは、「やったじゃん。今風邪引いとけば、運動会は元気にできるね。」と励ましていた。オレうつりそう発言、今回はまだ聞いていません。

過敏体質なのはきっと私に似たのだけれど、息子も娘の左右体癖はたぶん主人譲り。左右の3種さんは食べるのが大好きで、なで肩で背中がまあるい、食べて発散、好き嫌いが判断基準、社交的、などなど。私とは違う体癖だから今で不可解だった言動が、体癖を知って腑に落ちたことが多々ある。

家族だから体質や病気になる前の食生活の偏りには思い当たる節はたくさんある。結局、「難を逃れること」より「乗り越える力」を身につけていって欲しい。励ましながらね。

キティー.jpg
posted by meg3 at 13:29| Comment(0) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。