2011年07月28日

夏の食卓に「トマトスープ」

はっきりしないお天気が続く。
お昼は、麺類、おむすび、パンなどにお味噌汁やスープにすることが多い。おむすびは朝握っておいて、でもせっかくお弁当じゃないのだから温かい汁物も一品、と思うのです。サラダなどたっぷり作っておけばそれもセットに。手間をかけずに彩りよい食卓がテーマ。

トマト、西洋いんげん、もずくスープ

トマトもずくスープ.jpg


1.トマト2個を6等分に、西洋いんげんを適当にカットし、お水が入ったお鍋に入れる。
2.トマトがしんなりするまで火を通す。
3.もずく、スライスニンニク、お塩2摘みを入れて一煮立てする。
4.お醤油、赤ワインビネガーで味を整え、一煮立て。
5.お好みで青ネギ、ハーブ、オリーブオイルを垂らして出来上がり。

熱々のトマトと、西洋いんげん、もずくの食感がそれぞれ違い美味しい。もずくがないときは春雨でもOK。子どもはツルツルっと食べられるもずくや春雨、しらたきが好き。暑いけれど、温かいスープを食べるとお腹もこころもホッとするのはわたしだけかしら。
posted by meg3 at 21:54| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。