2011年07月14日

くせを知る

1ヶ月ぶりに野村奈央さんのワークショップ「母と子の手当てのこころ」に参加。今一番続けていて良かったと思える野口整体、今日も貴重な体験をさせて頂いた。

今日は参加予定者の相次ぐお休み連絡で4組だった。顔見知りの方達がいらっしゃらなくて残念だったけれど、とっても贅沢な時間だった。参加されなかった方達にもぜひ共有して頂きたいと思い、イソイソと更新。

盲腸は放射能の排泄をする
広島に原爆が落とされた後、野口先生は夜行列車で何度も広島に通われ経過を診てきたらしい。その経験から分かった事が、盲腸が放射能の排泄を促す臓器であるという事。西洋医学的には「不要」とされすぐに切り取られてしまう盲腸にこんな大きな働きがあったとは!でもね、もし盲腸がない人も肝臓や脾臓、腎臓など他の臓器が頑張ってくれるから大丈夫。体は「治ろう」とするものだから。
話は戻って、盲腸はおへそのななめ右下。ここを愉気(ゆき)したり、下から上へすり上げる。

夏は背骨の弾力性を取り戻すチャンス
たくさん汗をかく夏は背骨の弾力性を高めるのには最適な時期、と言われている。背骨は姿勢や体や心の使い方によって固まってしまっている場所を、また、たくさん汗を出す事で、尿や便にだせない体内の有毒物質を排泄する事ができる。だから汗を冷やしたり、とめてしまわないように。

丹田呼吸
実技では、正座をして丹田呼吸をした。普段正座をする事が少ないわたしたちにとって、仙骨を反らせて座る事は結構難しい。脚とお尻の間に座布団を挟んで正座すると腰が反りやすくなる。その状態で肛門を閉めて腹に呼吸が入るように丹田呼吸。くりかえしていくと、活元運動が発動する。
わたしの場合は、副腎にビリビリッと響くようなつかえが出て、活元運動を続けているうちにつかえがとれていくのが分かった。後は、自分がどう動いているのか分からない。頭の中は空っぽの状態。背骨の内側からじんわり汗が出てきた。

手の感覚
正座している人の背骨に手当てをする。あえて、背骨には振れず、離した状態で手を当て一点集中する。そうすると手の感覚が磨かれていくからとのこと。始めじんわり温かい感じがしてビビッとして、だんだん手が背骨に引き寄せられていく感覚が味わえた。
わたしはついつい頭で考えてしまうタイプ(1種)なのでだんだん「手が疲れた〜。」とか気が散ってしまったのだけれど、集中できるようになると「いくらでもできる。」という風になるみたい。
反対にして頂くときは、自分は何も動いていないのに汗がじんわり。身体ポカポカ。活元運動をしたときのような感じになった。

3つの体癖を知る
今回とても面白かったのが、自分が知らなかった自分の体癖を野村先生にご指摘頂いた事。野口先生が人のからだのタイプを12種に分けてまとめられたのが「体癖(たいへき)」という考え方。ほとんどの人がいくつかの体癖を持っていて、わたしは上下体癖の1種を持っている事は知っていた。ものごとを論理立てて考えるのが好きな人。悪く言うと、考えてばかりで行動に移さない人。ブログを読まれている方は「納得〜!」という感じですよね。

7種と9種というのもどうやらわたしの中にあるらしい。
こういうことを2年もたった今伝えてくださるのは意図してかどうかは分からないけれど、とても野村先生らしいと思う。きっと頭で考え過ぎる1種傾向が強いわたしが初めの頃お聞きしたら、「7種と9種の体癖ってなんだろ〜!当たった?はずれた?」などと占いのように体癖を参考文献で読んだり、体を通して感じる前に頭で「思い込んで」しまったはず。今この段階で伝えて頂いた事がすごくタイムリーだと思う。いつも梅雨時期体調が悪くなる事や、頑張り過ぎた後副腎がビリビリ痛くなる事や、最近すごく骨盤が締まってきたこと(9種の集中傾向が強くなってきた)ことなどが、体の感覚と野口整体の知恵が結びついて、ものすごく腑に落ちた。

体癖についてご興味のある方は、サイトをさんこうにされてください。 →  



息子の話
わたしたちが愉気をしていたら、息子がなんとなく野村さんの方へ寄って行った。そこへ野村さんが「Tくん、いらっしゃい。」と呼んでくださり、愉気をしてくださった。それまで色々動き回っていた息子が静かに正座してされるままになっている!いつもわたしが愉気するのは息子が眠ってから。起きているときはこんな静かにしてない。

息子の腰部活点(腎臓の少し上あたり)を触ると左右差があった。どうやら左右体癖があるらしい。
体調を崩す前にいたずらややんちゃなことをしたり、寝相で左右の脚の長さが変わったりという前兆があり、その後風邪を引く。「もともとエネルギーが強くて、エネルギーが余っていたずらをしてしまうときもありますが、そういうときは叱らないで、よく観察してあげてくださいね。」とアドバイスを頂いた。息子がソワソワ、フワフワ地に足がついていない感じになる時、わたしは「なんでだろ?」と理解できず、余裕があるときは様子を観て、余裕がないときは「どうして落ち着きがないの?」と力でねじ伏せていた。息子にとったらまったく門外な台詞だったのよね。

わたしの盲点は、「自分の子だから」ということで自分の感覚で善し悪しを決めて接してしまっていた事。息子の左右体癖はわたしにはない体癖。「だから何となく不愉快になっていただけだったんだ〜。」と分かると誰も攻めなくて良いし「ただ認めれば良いのだな。」と思えた。左右には良い所もたくさんある。

息子も、子どもながらに内心「つかまちゃった〜!」という感じだったのかもしれないけれど、良い顔をしていて気持良さそうだった。後で「どうだった?」と聞いたら、「ちょっと長かったけど。」と照れ隠し?本音?をこぼしながらも、「なんか温かくて気持よかった。」と言っていた。左側がコリコリしていたのは、「もしかしてTくん食いしん坊?ちょっと食べ過ぎかもしれない。」ともいわれ、帰りながら、「どして野村先生ぼくが食べるの好きな事知ってるんだろ〜!?」と本気で不思議がっていた。からだは正気なんだね。

「子どもは愉気して欲しい時、よってくるんですよ。」と野村さんもおっしゃっていたけれど、兄の様子を見て娘はわたしの前に「触って〜。」と言わんばかりにやって来た。野村さんがスペインへ整体指導に行かれたときも、子どもが近づいてきて愉気をしたら、その子は頭を使い過ぎだったみたい。お母さんに指摘して帰ってきたそう。子どもは寝相で自己整体もできるし、治して欲しい所やタイミングが無意識に分かっているのかもしれない。

野口整体はとっても人間らしい
野村奈央さんやいくつかの文献を通して野口整体を勉強させて頂いて、最近すごくスッキリ思った事が「とっても人間らしい整体だな。」ということ。頭をからっぽにして行う活元運動や愉気などはとっても本能的で野性的。だからどんどん野性的になれば良いのか、というとやっぱり人間は動物ではない。脳みそや心がある。だから「理性」が必要。「本能と理性のバランスがとれた状態」それが一番人間らしくて生き生きと過ごせるポイント。そうすると「自分らしく」生きられ、出会うべき人に出会え、自分だけではなくて周りの人も変わっていくと言う。体癖はたくさんあるからその「自分らしさ」は人それぞれ。答えは1つじゃない。

とっても当たり前な事なのだけれど、「自分らしく」生きることは意外と難しい。それを体の癖を治していく事で、あたりまえのように「自分らしさ」が見えてくるのが野口整体。12種ある体癖も、ほとんどの人がいくつかの体癖を合わせもっているので、かなり多くの種類の人がいる。体癖は変わるものではないけれど、状況や調子によって優位にでる癖があったり、いくつもの癖がバラバラになって分裂してしまっている人もいる。反対に、ネガティブだった体癖がポジティブに働き出したり、相反する体癖がうまく作用し合うこともある。

娘の出産後体調や身辺のことが落ち着かないときに出会った野口整体、311以降自分なりに覚悟が決まったからかな、野口整体が無理なく一歩進んで分かるようになった気がする。こう思うと逆境は意外と自分を育てるチャンスなのかもしれない。

活元運動がでるようになって、体調面でも排泄作用が出たり、感情的にも自分が一番観たくなかった部分が表に現れたり、なんだか「苦労するために整体やってるの?」という感じもあった。でも、紆余曲折しながらも良い方へ良い方へ向かっていることも事実。

さらに深めたくなった野口整体、最近は松田恵美子先生の本なども読んでいる。北山洋次郎先生の体癖論も現代的で面白そう。



最後に、放射能汚染について、野村さんのメッセージ、

「お母さん達が立ち上がって行政に訴えていく事は大切です。でもそれ以上に、その思いが「心配」や「不安」ではなくて「願い」「希望」である事の方が大切な事だと思います。感情に流されず、腹を据えて生き抜いていく、いらない情報は聞き流していく、そういうことができるお母さんが増えていって欲しいです。希望を持っていきましょう。」






posted by meg3 at 11:06| Comment(3) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野村さんのメッセージ、ありがとうございます。
希望を持つこと、大切だなぁと感じます。
こちらに来てひと月ちょっと、ようやく住む所が決まりました。
避難所には色んなタイプの方がいましたが、後ろ向きな人は一人もいませんでした、これからのこと、今したいことに目をキラキラさせています。
私もそんな方達のおかけでへこたれずやってこれたように思います。
もう少しで落ち着いて自炊できそうなので、meg3さんの酵素ジュースやぬか漬けなど参考にしたいです。
しばらく家電なし生活です、どんなことからも学ぶことができそう、生活は厳しいけれど楽しくやっていきたいです。
meg3さんもお元気で!ブログ楽しみにしています。
Posted by じゅんこ at 2011年07月14日 16:58
昨日は始まる前に少しお話しできて、嬉しかったです。
昨日の講座の内容を深く理解してまとめられ、他の人にお伝えしようとする姿勢が、すばらしいなと思いました。
私には理解が足らなかったところがあり、そういうことだったのか・・と確認できました。ありがとうございました。
学んだことを人にお伝えすることって、大事ですね。
私はひとまず、自分にレポート提出しようと思います。
最後に、愉気されている息子さんが、抱きしめたいくらい愛しかったです。
Posted by 海野奈々美 at 2011年07月14日 20:48
じゅんこさん、お久しぶりです!
新居決まったとの事よかったです。
311をきっかけに新しい生き方、生活の場を見直す方もたくさんいらっしゃいますよね。

落ち着いたらぜひ連絡先を教えてください。
野村さんもよろしくおっしゃっていましたよ。

明日、ちぇりさんのママセラピーへ行ってきます!
ではでは。


海野さん
水曜日は、わたしも海野さんとお話しがはずんで楽しかったです。息子さん海野さんもまるで聖母子のように美しいです。

わたしも、まだ分からない事ばかりなのですが、
こういう感想を頂くと「まとめて良かった〜。」と思います。

これからまた一緒に学んでいきましょうね!
Posted by meg3 at 2011年07月15日 13:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。