2011年05月25日

脇役料理

先週、急に「手の込んだもの」が食べたくなって作った品々。といっても簡単なものばかり。忙しいときはついついササッと炒め物やどんぶり、パスタが多い我が家の夕飯も「じっくり焼く」「じっくり炒める」ただそれだけで、素材の旨味が引き出されてホッとする味になるから不思議。並べてみるとすべてメインにはなりがたい脇役ばかりだけれど、お魚とご飯とみそ汁と合わせて食べれば彩り鮮やかで心も満たされる。

南瓜スープ☆たくさん作って翌朝のスープにも
鍋でじっくり炒めたタマネギに、南瓜水を入れて南瓜が柔らかくなるまで火を通す。
南瓜をマッシャーで潰して、牛乳を加え塩で味を整える。

南瓜スープ.jpg

さつまいもサラダ☆甘くて子どもに好評
土鍋でさつまいもを丸ごと蒸し煮する。
皮を剥いて一口大にカットし、マヨネーズ、味噌で和える。

サツマイモサラダ.jpg

ズッキーニと牛蒡のグリル焼き☆時間はかかるけれどいくらでも食べられる
輪切りにしてグリルでじっくり裏表焼く。お好みで塩やディップをつける。

焼きズッキーニ、ごぼう.jpg

こんにゃく昆布☆箸休め、お弁当の後1品に
こんにゃくの灰汁抜きをして、手でちぎる。
鍋に水、昆布を入れて少し置き、こんにゃく、醤油を垂らして水分がなくなるまで火を通す。

こんにゃく昆布.jpg
posted by meg3 at 10:13| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。