2009年01月20日

ずぼらなわたしの「米ぬか洗顔」

ここ2年程続けているスキンケアが、「米ぬか洗顔」。

お米屋さんで売っている米ぬかをひとつまみ、ぬるま湯で練って、マッサージしながら洗顔する。これを、朝一日置きに行う。たったこれだけの簡単美容法。


米ぬかは昔からスキンケアに使われていた。
米ぬかに含まれているビタミンB2には、新陳代謝を活発にしてシミを薄くしてくれる美白効果、オリザブランという成分には保湿効果がある。また、米ぬかのアルカリ性の働きによって毛穴に詰まった汚れがとけて肌の新陳代謝が活発になるそう。

わたしが米ぬか洗顔を始めたきっかけは、ぬか床を混ぜた時にその手がすべすべになったこと。手に付いたぬかを落とすために水洗いしたら、ぬかに触れた方の手だけが水を弾いたので、「これって、顔にも良いのでは!?」と思って始めてみた。
ぬかは1kg50円。とってもリーズナブルな上、簡単なのでずぼらなわたしでも続けられる。洗顔後、化粧水のしみ込みも良い。

本当は、ぬか袋(木綿や絹などで簡単な袋を作り、その中に米ぬかを入れたもの)を作って、顔や身体を洗うと良いらしい。わたしも、さらしをチクチク縫ってぬか袋を作ったこともあったけれど、結局、毎回洗ったり干したり、入れ替えたりするのが面倒になってしまい、今の方法に。
肌の弱い人にはお勧め出来ないけれども、スクラブ洗顔と思えば、ぬかのボソボソした感触も気持ち良い。排水溝に詰まってしまうので、ネットのあるところで試してみてください。


posted by meg3 at 23:18| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。