2011年07月31日

DM2つ

お友達から2つのDMを送って頂いた。

1つは明日観に行く鎌仲ひとみさんのドキュメンタリー映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の吉祥寺上映会のお知らせ。「タネマキドリ」さんが企画されているそう。とっても素敵な名前。当日自然酵母パン屋さんと祝島コラボのパンの販売もある。「原発反対」と頭に角を生やして訴えるのではなく、クリエイティブな切り口で自給自足で海の恵を享受している祝島の魅力を通して、その先に「新しいエネルギーの可能性」を考える場をつくる。

祝島とスウェーデンでエネルギー自立に取り組む人々の物語を観てみたいと思いながらチャンスを逃していたので、今回「子連れOK」上映会とのことで思い切って行くことに。子ども達にも大分前からお話ししているけれど、2時間近く落ち着いてみれるだろうか?まあ案ずるより生むがやすし、たとえ半分以上観れなかったとしてもタネマキドリさんの活動や人の集まりを肌で感じてみたい、という思いもあって。。。子ども達は後日お家でアリエッティのDVD上映会をするということになっている(笑)

 〜未来の種をまくのはわたしたち〜
 2011/8/1(月) 吉祥寺上映会
 未来のエネルギーをどうするか?
 「ミツバチの羽音と地球の回転」鎌仲ひとみ監督作品
 主催:タネマキドリ

2つ目はお友達のご主人様たちのくつの展示会のDM。お友達の靴はいつもご主人お手製のもので、初めて拝見したときからその存在感に引き寄せられた。
以前、わたしがフェルト作家の展示会へ行ったときのことを、「値段もお手頃で可愛いから買おうかと思ってけど、はて、でもこのくらいなら自分で作れるかも、と思って結局買わなかったのですよね。」とお友達に話すと、「そこがプロかどうか、という所なんですよね。人にはできない。そういうものが作れないと。」というようなことをお友達がピリッと答えてくれたことがあった。彼女自身もものづくりをしているからとても響いた。彼らの生活自体も魅力的。

 くつくつくつく2 靴作家4人による受注・販売・大展覧会
 8/6(土)・7(日)・8(月) 11:00〜20:00
 THE NATURAL SHOE STORE
 東京都中央区勝どき4−5−1 泉5倉庫
 03−3531−6571(当日のみ)

DM.jpg
posted by meg3 at 13:38| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月30日

夏のお茶

昔は夏のお茶と言えば麦茶だったけれども、最近選択肢が増えたので色々楽しんでいる。わたしは夏でも温かいお茶派なのだけれども、子どもや主人のために1.2リットルの冷たいお茶を作るようにしている。そうそう、理想は常温のお茶に飲む直前に氷を入れると、口元では冷たいけれどお腹は冷やさないので良いそう。

さんぴん茶
ジャスミンティーのこと。香りがあるので大人はスッキリして気持が良いのだけれど、子どもには薄く割ったものを。陰性なのでからだを冷やしてくれる。



コーン茶
韓国料理店でよく出てくるコーン茶は脂を流してくれたり、利尿作用がありむくみ対策に。香ばしく癖もあまりないので子どもも飲みやすい。水出しでは作れない。しっかり煮立てて即座に氷や冷凍庫で冷やすと透明感がある美味しいコーン茶が入れられるそう。わたしはまだまだ濁った感じになってしまうのだけれど、充分美味しい。なぜか主人もコーン茶を飲むと必ず「コーン茶美味しい。」と言う。からだの中の何か流されているのかも!?



三年番茶
マクロビオティックの定番のお茶。コーン茶のように煮出して作る。からだを温めてくれるお茶なので、夏でも最近のように曇り、雨の日が続くようなときに作るようにしている。また、冷たいものを飲んだり食べたりし過ぎて「お腹壊したかな。」というときにお勧め。お腹の休日として。暑い夏の日、活気のある子どもにはちょっと向かないので麦茶で割ったりすると良い。

 

びわ茶
びわの葉は陰性なので夏にお勧め。上手に作ると紅茶のような香り高い美味しいお茶になる。煮出し、茶葉をそのままで少し置くと色が出て濃いめに美味しく入れられる。むくみやすい、冷え症の人は日中のみ飲むようにする。



CLIPPER デトックスティー
ちょっと豪華版、でもお勧めがクリッパーのデトックスティー。ポットでお湯をそそいでも美味しいけれど、ハーブティなので水出しの方がエグミもなく色もきれい。とても飲みやすく、さっぱりした甘み、酸味が代謝が激しい夏のからだを癒してくれる。先日のYOGA CAFEでも好評で、パッケージも可愛いのでお友達にお土産にお渡ししたりしている。

ハーブティ2.jpg

ハーブティ.jpg


posted by meg3 at 11:46| Comment(0) | 台所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

メンテナンス

手作りの良い所は、壊れたときも自分で修復できることろ。直しながら少しイメージを変えてみたり、そうやって長く使えるのが楽しい。先日子ども達が「ブレスレットまた作りたい!」と言いだしたので、木のビーズとテグスをカットして端を洗濯はさみで挟んで、「やってみな。」と後はお任せ。意外と集中力は続き小1時間やってくれるので、わたしも「そのうち直しましょ。」と放置していたアクセサリー達をひとつずつ直した。ひとまずスッキリ。

以前伸びるテグスで繋いだネックレスを金具に変更。アクセントのチェコグラス(きみどり)の他に、針水晶とブルーレースを加える。

ネックレス白.jpg

ネックレス近.jpg

7年前にベルリンの古道具屋さん?雑貨屋さんのような所で一目惚れして購入した針水晶のネックレス。大きな新しい駅が建設中だったり資本化が進んでいるけれど、どこか「懐かしい」ちょっと暗い旧東ドイツの雰囲気がこのネックレスの古色がかった風合いとマッチしていたので、ウィーン、ブタペスト、ワルシャワ、クラフク、ベルリンの旅の締めくくりに。「古きを偲ぶ」感じが今もとても気に入っている。独特の金具だったのだけれどどこかでなくなってしまい、3年ほどタンスの肥やし。色合いが合いそうな金具を浅草橋で購入し「再生」!作業は簡単だったけれど、なかなか手を付けられなかったので気持も落ち着いた。

ベルリンネックレス.jpg

ついでに、アジア雑貨のお店のパーツを繋いでイアリングを制作。朱色と藍色は気が引き締まる組み合わせ。ジーパンに合わせたいな。

赤イヤリング.jpg

子ども達は2つずつブレスレットを作り、「ママのたあい〜ね〜。」とさっそくわたしのネックレスを狙っている娘と、「これ友達にあげよう!」とまだ相手も決まっていないのに(夏休みで当分渡せないのに)せっせと可愛いパッケージを作っている、根っから工作好きの息子。

親子一緒に何かするというのは良いものだけど、わたしの趣味思考に合わせているとどうしても手作り系になる。からだを使って色々感じる大切な時期でもあるから、たまにはアクティブにしたい。「とうとの出番よ。」と初めからわたしは逃げ腰(笑)。
posted by meg3 at 23:05| Comment(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の食卓に「トマトスープ」

はっきりしないお天気が続く。
お昼は、麺類、おむすび、パンなどにお味噌汁やスープにすることが多い。おむすびは朝握っておいて、でもせっかくお弁当じゃないのだから温かい汁物も一品、と思うのです。サラダなどたっぷり作っておけばそれもセットに。手間をかけずに彩りよい食卓がテーマ。

トマト、西洋いんげん、もずくスープ

トマトもずくスープ.jpg


1.トマト2個を6等分に、西洋いんげんを適当にカットし、お水が入ったお鍋に入れる。
2.トマトがしんなりするまで火を通す。
3.もずく、スライスニンニク、お塩2摘みを入れて一煮立てする。
4.お醤油、赤ワインビネガーで味を整え、一煮立て。
5.お好みで青ネギ、ハーブ、オリーブオイルを垂らして出来上がり。

熱々のトマトと、西洋いんげん、もずくの食感がそれぞれ違い美味しい。もずくがないときは春雨でもOK。子どもはツルツルっと食べられるもずくや春雨、しらたきが好き。暑いけれど、温かいスープを食べるとお腹もこころもホッとするのはわたしだけかしら。
posted by meg3 at 21:54| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

3歳のおぱんぼ〜び

娘のお誕生会、無事行えました。思いがけず主人も早く帰宅してくれ、妹や母とも電話をして娘だけではなく息子まで1日ウキウキしていました。

誕生ケーキは、先日なかしましほさんに教えて頂いたレシピで作りました。色々アドバイス頂いた事を思い出しながら作ったのですが、あれれ、型から出したら上部がくぼんでしまいました。でも包丁で切っても崩れないどっしりしっとりしたケーキが出来上がり、上出来!と自画自賛。デコレーションでくぼんだところはカバーして美味しそうなケーキの出来上がり

ケーキ.jpg

3時頃デコレーションをして、「とうとお仕事だから食べちゃおうか?」とやる気満々の息子。でも、まてよ。と思い主人に電話したら、「後30分でこっち出るよ。」とのこと。「セ〜フッ!!」せっかく早く帰って来たのにケーキ半分なくなっていたら相当ショックなはず。息子は「今食べたかった〜!!」と泣き崩れていたけれども、朝作ったスコーンと果物をおやつにして、わたしは「きちんとした夕飯を作らなければ!」とイソイソと夕飯の支度。結局いつもとあまり変わらない内容ですが彩りだけは華やかに!

夕飯.jpg

島豆腐、ししとう、豚バラ肉の炒め物
海老に卵を絡めて焼いたもの
ズッキーニと人参のオーブン焼き
もずく酢
黒米ご飯

何より嬉しかったのがみんな元気にお祝いができたこと。お誕生日プレゼントは「ケーキとお誕生会」。それがいつまでできるか、1回1回大切にしていけたらな、と思います。そのうちケーキよりも「これが欲しい!」とものをおねだりされるのだと思うけれど。

ケーキ断面.jpg

娘が3歳。大きくなったら何になりたいの?と質問したら「およめたん。ちれいな。」「あとおおちくなったら、ジェトトースターにのうの。だいぼーぶだよ。とわくない。」ですって。その前に、この赤ちゃんしゃべりそろそろなおした方が良いのでは。。。


posted by meg3 at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

またスコーン焼いています

今日は午前中にお義母さんが娘の誕生日プレゼントを届けてくださる、というのでお土産にスコーンを焼きました。とっても簡単なので、やる気になったら何度も焼きます。でも全くやらないときの方が多い気がします。。。

スコーン.jpg

娘は母が作ってくれたピンクのフリフリドレスを着て、音楽に合わせて踊っています。

いろんな人に思われて、3歳の誕生日が迎えられる事がとても有り難いです。
午後からシフォンケーキを焼きます。最近とても仕事が忙しい主人は昨日「お祝い一緒にできる?」と聞くと、「分かんない。」という返事だったので、4人でお祝いは難しいかな。。。夕飯は簡単なものでいいかな。根が横着者なのですぐにこういう発想。
posted by meg3 at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

2歳最後の日

今日は娘2歳最後の日。
どこへ行っても「年少さん?」と聞かれる大きな娘も、明日やっと正真正銘の3歳になります。去年はあまり分かっていなかったみたいだけれど、今年は「てーちつつって!(ケーキつくって)」というリクエストをできるようになりました。

今日はお友達のお家へ「おうちでヨガ」出張させて頂きました。 → 
ヨガの後、引き続き子どもを遊ばせてもらいながらおしゃべりをしてとても楽しかった。アクセサリー作りが上手な方なので、色々教えてもらいながら、フムフム。と関心。

わたしはルールなしに何でも作るので、「基本」をきちんと抑えている友人のアクセサリー作りはとても参考になります。イアリングも、重みのあるパーツをつなげるときはCカンを二重に着けたり、イアリング自体を大きめのものにすると良い、という話などなど。

以前購入させて頂いた、ブルーレースとマザーオブパールを使ったブレスレットを、サイズダウンしながらデザインも少し変えてもらいました。「人と相談しながらものを作る」というのは、結婚指輪以来?久しぶりなのですがこういうのとても楽しい。自分でも作れてしまうといえばそうなのですが「人と一緒に作る」ことで、なにかよい「反応」が起きる気がします。

ブレス.jpg

ビーズ玉の作り方を教わり。。。

ビーズ玉.jpg

余った天然石でイアリングを作ってもらいました。マルカンの加工の仕方がとっても手際よく早い。夏らしい色合いなので、さっそく着けました。ショートカットなのでアクセサリーで華やぎたい。そんなお年頃です。

イアリング.jpg

実はお土産になかしましほさんレシピを参考にスコーンを焼いたのですが、友人が作ってくれたブルーベリー入りのスコーンがとってもさわやかで美味しかったです。幼なじみの息子と友人のお子さん、幼稚園が違うので一緒に遊ぶのは久しぶりなのですが、気がつくと肩を擦り寄せて座っていたりして面白いなあ、と思いました。娘もたくさん食べ、たくさん遊び満喫したようです。

さあ、明日はケーキ造り。うまく膨らむかな?
posted by meg3 at 16:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月22日

YOGA CAFE 打ち合わせ

秋からのYOGA CAFEの打ち合わせにKさんが来てくださいました。
子ども達も夏休みだったので、ランチをしながら雑談をしながらゆるい打ち合わせだったのですが、方向性も定まってきて有意義な話し合いになりました。

正直、今子どもを持つ親としては「放射能」とても気になります。でも、今置かれている状況、そしてこれから続いていく放射能汚染とどう向き合い、つき合っていくか、その答えは人それぞれだと思います。子どものからだにできるだけ負担の少ない食材を、環境を、と思う気持ちももちろんありますが、それ以上に今生きていること、金銭的な問題はありますが住む場所も食べるものも選べる状況にあることを「有り難く」思い、感謝の気持ちを忘れたくないな、と思います。

また、Kさんとわたしの中で一致した思いは、「どうなるか、何が正しいか分からない。でも、頭ではなくて感覚、体で感じる、そういう感性を磨いていきたいよね。」ということでした。大忙しの頭をフッと空っぽにして、呼吸をお腹にたっぷり入れると、理屈じゃなくてそれぞれの進むべき道が見えてくるのではないかな、と思うのです。理想論?そんな風にも聞こえるかもしれないけれど、そういうことを真面目に自分もやって、人にもお伝えしていきたいな、と思っています。

そういえば、先日お会いしたなかしましほさんも、「今『呼吸』ということが色々なところで言われていて、わたしも大切なことだと思います。」とおっしゃっていました。うん。そうかもしれない。笑ったり、安心しているときは吐く息、怒ったり、緊張したり、泣いたりしているときは吸う息になっています。どちらの感情も大切。でも大きく感情を出したい時以外は心穏やかでいたいですよね。力が入るとつい吸う息に意識が向きますが、実は息は吐けば勝手に入ってくるので吐く息に意識を集中すれば良いのです。そうすると、自然と吐く息が長くなり、心が落ちついていきます。こういうわたしも浅い呼吸、不安にやられてからだコチコチですが、長い目で続けていきたいものです。

まあ、真面目な話はこのくらいにして、くいしんぼうな話。
お昼にはまたカレーを作りました(笑)今日はトマトベースでベジカレー、具の里芋は茹でた後カットしてフライパンで焼いて焦げ目をつけました。サラダは塩、リンゴとキィウイの酵素ジュース、レモン汁、オリーブオイルで味つけしました。

ベジカレー.jpg

サラダ.jpg

来週誕生日の娘にKさんから手作りのプレゼント。皮に刺繍してあります。さっそく娘に「どちんちゃんみたいにやって!」と言われたので、おでこ全開結びしました。ゴムの大きさも絶妙。大事に使わせて頂きます。

かみかざり表.jpg

かみかざり.jpg

YOGA CAFE、次回は9月13日「灯火と深呼吸」ランタン、ミツロウろうそく作り/呼吸法とヨガ/お茶会です。 → 

ろうそく1.jpg
posted by meg3 at 23:08| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットケーキを焼く

息子のお泊まり保育から無事帰ってきた。5時集合、幼稚園にお泊まりして翌朝お迎え、とあっという間なのだけれど子ども達にとっては大イベントで始まる前からワクワクドキドキ、当日も振り向きもせずにお部屋にかけていき、帰ってからもずうっと何があったかしゃべっていた。わたしは娘がいるので「一杯飲みに〜!!」なんて訳にもいかず、いつもと変わらない感じだったけれど、娘が1人っ子を満喫していつもよりぶりっ子ちゃんになっていて面白かった。この間幼稚園に入ったと思った息子がもう年長さん、来春は娘が幼稚園生、時が経つのは早いものです。

息子が夏休みに入ったので、お昼も一緒。たまにホットケーキを一緒に作ってみよう、と乾燥小松菜を戻して小麦粉、全粒粉、水、菜種油、きび砂糖、塩を混ぜた生地に加え3枚焼いた。息子は自分で上手にひっくり返せた。来年はカレーでも作れるようになるかな?

ホットケーキ.jpg

ちょこっとバターをのせて、シロップ変わりにりんごとキウイ、きび砂糖で作った酵素ジュースを垂らして。わたしはあまり甘いジュースを飲む習慣がないので、酵素ジュースをドレッシングに使ったり、シロップとしてかき氷やホットケーキにかけるという使い方も結構いいかも。熱を加えると酵素はなくなってしまうので、それだけ気をつけて。

自分で作ると美味しいのか、ボロボロになっていたけれどすごい勢いで食べ、「お腹空いた〜。」というのでおむすびも。炭水化物ばかりのランチでした。

ホットケーキ2.jpg
posted by meg3 at 17:05| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

イヤリング

先日髪を切ったので、顔周りを少し華やかに、、、とイヤリングを作りました。
金具(CカンやPピン)をわざと違う素材にして「外して」みました。「せっかく手作りなんだから」という思いと、もしくはわたしのおへそが曲がっているから(笑)、ちょっと普通と違うことがしたくなるのです。

真実さんの天然石のブレスにあわせて。。。からしいろのフェルトのお花、ルチルクオーツ(針水晶)と金色のビーズをつなげる。

イヤリング黄色.jpg

シェルとマザーオブパール。どんな服にもあわせやすい。

イアリング葉.jpg
posted by meg3 at 21:48| Comment(2) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

そして夜も 

お昼になかしましほさんの「しょうがたっぷり、キーマカレー」を頂いたのに、夜もカレーを作った。

子ども2人連れの電車乗り換えありの移動はそれなりに疲れ、帰りたては「何も作りたくない〜。」という気分だったけれど、無性にカレーが食べたくなり、家にあるもので適当に作り始めたら。。。素材を細かく切ったり、じっくり炒めたり、自分なりに素材の入れる順番を考えながら調理する時間は始まってみるととても楽しい。

フライパンに白ごま油をひいてクミンシードを入れ、はじけ出したら、タマネギ1個、リンゴ1/2個、パプリカ1個をみじん切りして少量の塩と一緒に炒める。

豚バラ肉を包丁で細かくして、フライパンへ。火が通ったら、ターメリック、コリアンダー、クミン、塩、、胡椒、ショウガパウダー、ニンニクで味つけ。リンゴ1/2を擦り卸し水と一緒に入れて煮詰める。

醤油で味を整え、小麦をを少量入れてとろみをつけできあがり!

スパイシーだけど子どもも食べやすい甘みのあるカレー。リンゴはお肉の消化を助けてくれるのでたっぷりと。らっきょは自家製。トッピングのゆで卵はしほさんのまねっこ。

きいろいカレー.jpg


冷や奴とオクラと一緒に食卓へ。我が家の冷や奴は醤油ではなく梅酢をひとさじ垂らす。色もキレイで酸味が体を元気にしてくれる。

冷や奴.jpg
posted by meg3 at 09:56| Comment(2) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

なかしましほさんのおやつ

今日はfoodmoodなかしましほさんのクッキング教室に参加。

息子の幼なじみ君と妹ちゃんとお母さんと一緒に電車でお出かけは、遠足みたいで子ども達はワクワク。お昼に到着して、「しょうがたっぷり、キーマカレー」を頂き、午後は「豆乳もっちりシフォン」と「チョコとくるみのスコーン」の実演を見た。特にシフォンケーキはメレンゲの作り方や、型の外し方などとても参考になった。なんといっても手際がいい。手の動きに勢いがあって見ていて「綺麗だな〜。」と思った。あっという間に2品出来上がり!

カレーと本.jpg


試食をさせて頂きながらしほさんやホストののんちゃん、参加者の方々と雑談。
招いて下さったお家はアパートの2階3階部分をリノベーションで内階段でつなげた素敵なお宅。床の板張りや壁の漆喰、家具にいたるまでこだわりが感じられ、ついつい色々観察。子ども達ものんちゃんの娘さん、息子さんの玩具をかして頂き2階でたっぷり遊ばせてもらった。3階のキッチンで実演をしていると、なぜか調度試食が始まるタイミングに階段から顔を出し「何やってるの?」と覗き込む息子。さすが、食い意地張っているね。

SH3K00110001.jpg

ふっくら膨らんだシフォンケーキは「手でちぎって食べてくださいね。」という、しほさんお勧めの贅沢な食べ方でペロリと完食。サクサクのスコーンを食べて、子ども達は手や口にチョコをつけて幸せな顔になっていた。

なかしましほさん、本のレシピやブログを拝見したことはあったのだけれど、今回始めてお会いして人柄に惚れてしまった。ご本人とレシピがすごく一致しているからなおのこと。帰りながら友達と「人との距離の取り方がすごくいいよね。自然体。またお会いしたいね〜。」とホクホクしながら語り合った。

膨らんでも焼き縮みしてしまったり、材料を少し変えただけでうまく膨らまなかったり「レシピ通りやっているつもりなのに〜。」と失敗談の多いシフォンケーキ。みなさんから具体的な質問があり、その1つ1つに「なるほど〜。」と分かりやすいお返事をするしほさん。ものすごい量を作ってこられたのだろうな、と想像していたら、「たくさん失敗したから。」とおっしゃっていた。

しほさんの言葉にずっしり安定感があったので、ついまた自分に重ね合わせてみた。ヨガや野口整体をお伝えしながらも、わたし自身のからだの調子が良いときばかりではない。今日も肩がパンパンだったし(笑)「なんで調子が悪いか」その都度自分でだいだい予測出来るようになったので、悪い事ばかりではないけれど、もっとたくましく「何があっても大丈夫!」な体になったら良いのにな、とよく思う。でも、「失敗」って経験した人にしか分からないものだものね。ファミリーヨガの石井先生も、「体が柔らかい人が良いヨガの先生という訳ではないですよ。硬い人の気持ちが分かったり、病気とつき合いながらヨガをしている先生の元にたくさんの生徒さんが集まったりしています。」とおっしゃっていた。たぶん、それだけ失敗しても続けた何か、が人を動かすのかも。

それからしほさんの場合、一般の人が使うレンジで焼き加減を試してみたり、初めのころ出版した本ではマクロビの人も楽しめるようにお砂糖にてん菜糖を使ってみたり、その後も、作る人がいくつもの材料を買い集めなくても良いようにきび砂糖で統一したり、相手の立場に寄り添う姿勢もすごく感じた。

少人数でアットフォームなクラスだったので、他にもたくさんおしゃべり。初対面の方が多かったのに、放射能汚染や食の問題について意見交換したり、酵母、酵素ジュース、野口整体、呼吸法についても話題になったので面白かった。みんな立場や生活スタイル、考え方も違うけれど、胸の中に溜まっている「思い」とか「不安」「悲しみ」「希望」などを言葉として吐き出せる。違いを否定するのではなくて、「そうなんだ。」と聞き、「こういう考え方もあるよ。」と提案できる、そんな場だった。美味しいおやつを食べて心が解れたからかな?簡単なようでとても貴重な場だったと思う。



posted by meg3 at 23:13| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

糠床復活!

ちょっと変な香りになって「さぼり」をしていた糠床が復活!
2週間放置したらやはり上部はカビ?腐ってる?そんな感じだったけれども、スプーンで取り除くと真ん中くらいから黄色い糠床らしい香りが見えてくる。これに、新しい糠と塩、お水を加えて仕込み直し。糠、塩、水の配分は適当。フカフカして気持がよい。林弘子さんの本がなかったら、絶対に処分していた糠床。なんとか一命をとりとめたので、夏の間はうまく冷蔵庫を利用しながらやってみましょう。

今気になっているのが「塩麹」と「甘酒」。
塩麹は、米麹、水とお塩を混ぜたもの。食材を漬け込んだり、調味料変わりにも手軽に使う事ができる。発酵によって塩の角がとれて美味しい。栄養価も上がる。お肉お野菜の旨味もアップする。とのこと。
甘酒は、飲む点滴とも言われているくらい栄養価が高くて夏バテ予防にもなる。市販の物はお砂糖やアルコールなどが添加されているので、麹とお米で作って、料理に使ってみたり、甘酒アイスを作ったりしたい。(甘酒アイスは体を冷やさないらしい)

美味しそうな米麹のお店が九州にあるのだけれど、冷蔵便なので送料が高い。一家で使う量は限られているから、近所の方でまとめて買いたい方いらっしゃらないかしら。なんて。。。
posted by meg3 at 23:23| Comment(4) | 台所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

くせを知る

1ヶ月ぶりに野村奈央さんのワークショップ「母と子の手当てのこころ」に参加。今一番続けていて良かったと思える野口整体、今日も貴重な体験をさせて頂いた。

今日は参加予定者の相次ぐお休み連絡で4組だった。顔見知りの方達がいらっしゃらなくて残念だったけれど、とっても贅沢な時間だった。参加されなかった方達にもぜひ共有して頂きたいと思い、イソイソと更新。

盲腸は放射能の排泄をする
広島に原爆が落とされた後、野口先生は夜行列車で何度も広島に通われ経過を診てきたらしい。その経験から分かった事が、盲腸が放射能の排泄を促す臓器であるという事。西洋医学的には「不要」とされすぐに切り取られてしまう盲腸にこんな大きな働きがあったとは!でもね、もし盲腸がない人も肝臓や脾臓、腎臓など他の臓器が頑張ってくれるから大丈夫。体は「治ろう」とするものだから。
話は戻って、盲腸はおへそのななめ右下。ここを愉気(ゆき)したり、下から上へすり上げる。

夏は背骨の弾力性を取り戻すチャンス
たくさん汗をかく夏は背骨の弾力性を高めるのには最適な時期、と言われている。背骨は姿勢や体や心の使い方によって固まってしまっている場所を、また、たくさん汗を出す事で、尿や便にだせない体内の有毒物質を排泄する事ができる。だから汗を冷やしたり、とめてしまわないように。

丹田呼吸
実技では、正座をして丹田呼吸をした。普段正座をする事が少ないわたしたちにとって、仙骨を反らせて座る事は結構難しい。脚とお尻の間に座布団を挟んで正座すると腰が反りやすくなる。その状態で肛門を閉めて腹に呼吸が入るように丹田呼吸。くりかえしていくと、活元運動が発動する。
わたしの場合は、副腎にビリビリッと響くようなつかえが出て、活元運動を続けているうちにつかえがとれていくのが分かった。後は、自分がどう動いているのか分からない。頭の中は空っぽの状態。背骨の内側からじんわり汗が出てきた。

手の感覚
正座している人の背骨に手当てをする。あえて、背骨には振れず、離した状態で手を当て一点集中する。そうすると手の感覚が磨かれていくからとのこと。始めじんわり温かい感じがしてビビッとして、だんだん手が背骨に引き寄せられていく感覚が味わえた。
わたしはついつい頭で考えてしまうタイプ(1種)なのでだんだん「手が疲れた〜。」とか気が散ってしまったのだけれど、集中できるようになると「いくらでもできる。」という風になるみたい。
反対にして頂くときは、自分は何も動いていないのに汗がじんわり。身体ポカポカ。活元運動をしたときのような感じになった。

3つの体癖を知る
今回とても面白かったのが、自分が知らなかった自分の体癖を野村先生にご指摘頂いた事。野口先生が人のからだのタイプを12種に分けてまとめられたのが「体癖(たいへき)」という考え方。ほとんどの人がいくつかの体癖を持っていて、わたしは上下体癖の1種を持っている事は知っていた。ものごとを論理立てて考えるのが好きな人。悪く言うと、考えてばかりで行動に移さない人。ブログを読まれている方は「納得〜!」という感じですよね。

7種と9種というのもどうやらわたしの中にあるらしい。
こういうことを2年もたった今伝えてくださるのは意図してかどうかは分からないけれど、とても野村先生らしいと思う。きっと頭で考え過ぎる1種傾向が強いわたしが初めの頃お聞きしたら、「7種と9種の体癖ってなんだろ〜!当たった?はずれた?」などと占いのように体癖を参考文献で読んだり、体を通して感じる前に頭で「思い込んで」しまったはず。今この段階で伝えて頂いた事がすごくタイムリーだと思う。いつも梅雨時期体調が悪くなる事や、頑張り過ぎた後副腎がビリビリ痛くなる事や、最近すごく骨盤が締まってきたこと(9種の集中傾向が強くなってきた)ことなどが、体の感覚と野口整体の知恵が結びついて、ものすごく腑に落ちた。

体癖についてご興味のある方は、サイトをさんこうにされてください。 →  



息子の話
わたしたちが愉気をしていたら、息子がなんとなく野村さんの方へ寄って行った。そこへ野村さんが「Tくん、いらっしゃい。」と呼んでくださり、愉気をしてくださった。それまで色々動き回っていた息子が静かに正座してされるままになっている!いつもわたしが愉気するのは息子が眠ってから。起きているときはこんな静かにしてない。

息子の腰部活点(腎臓の少し上あたり)を触ると左右差があった。どうやら左右体癖があるらしい。
体調を崩す前にいたずらややんちゃなことをしたり、寝相で左右の脚の長さが変わったりという前兆があり、その後風邪を引く。「もともとエネルギーが強くて、エネルギーが余っていたずらをしてしまうときもありますが、そういうときは叱らないで、よく観察してあげてくださいね。」とアドバイスを頂いた。息子がソワソワ、フワフワ地に足がついていない感じになる時、わたしは「なんでだろ?」と理解できず、余裕があるときは様子を観て、余裕がないときは「どうして落ち着きがないの?」と力でねじ伏せていた。息子にとったらまったく門外な台詞だったのよね。

わたしの盲点は、「自分の子だから」ということで自分の感覚で善し悪しを決めて接してしまっていた事。息子の左右体癖はわたしにはない体癖。「だから何となく不愉快になっていただけだったんだ〜。」と分かると誰も攻めなくて良いし「ただ認めれば良いのだな。」と思えた。左右には良い所もたくさんある。

息子も、子どもながらに内心「つかまちゃった〜!」という感じだったのかもしれないけれど、良い顔をしていて気持良さそうだった。後で「どうだった?」と聞いたら、「ちょっと長かったけど。」と照れ隠し?本音?をこぼしながらも、「なんか温かくて気持よかった。」と言っていた。左側がコリコリしていたのは、「もしかしてTくん食いしん坊?ちょっと食べ過ぎかもしれない。」ともいわれ、帰りながら、「どして野村先生ぼくが食べるの好きな事知ってるんだろ〜!?」と本気で不思議がっていた。からだは正気なんだね。

「子どもは愉気して欲しい時、よってくるんですよ。」と野村さんもおっしゃっていたけれど、兄の様子を見て娘はわたしの前に「触って〜。」と言わんばかりにやって来た。野村さんがスペインへ整体指導に行かれたときも、子どもが近づいてきて愉気をしたら、その子は頭を使い過ぎだったみたい。お母さんに指摘して帰ってきたそう。子どもは寝相で自己整体もできるし、治して欲しい所やタイミングが無意識に分かっているのかもしれない。

野口整体はとっても人間らしい
野村奈央さんやいくつかの文献を通して野口整体を勉強させて頂いて、最近すごくスッキリ思った事が「とっても人間らしい整体だな。」ということ。頭をからっぽにして行う活元運動や愉気などはとっても本能的で野性的。だからどんどん野性的になれば良いのか、というとやっぱり人間は動物ではない。脳みそや心がある。だから「理性」が必要。「本能と理性のバランスがとれた状態」それが一番人間らしくて生き生きと過ごせるポイント。そうすると「自分らしく」生きられ、出会うべき人に出会え、自分だけではなくて周りの人も変わっていくと言う。体癖はたくさんあるからその「自分らしさ」は人それぞれ。答えは1つじゃない。

とっても当たり前な事なのだけれど、「自分らしく」生きることは意外と難しい。それを体の癖を治していく事で、あたりまえのように「自分らしさ」が見えてくるのが野口整体。12種ある体癖も、ほとんどの人がいくつかの体癖を合わせもっているので、かなり多くの種類の人がいる。体癖は変わるものではないけれど、状況や調子によって優位にでる癖があったり、いくつもの癖がバラバラになって分裂してしまっている人もいる。反対に、ネガティブだった体癖がポジティブに働き出したり、相反する体癖がうまく作用し合うこともある。

娘の出産後体調や身辺のことが落ち着かないときに出会った野口整体、311以降自分なりに覚悟が決まったからかな、野口整体が無理なく一歩進んで分かるようになった気がする。こう思うと逆境は意外と自分を育てるチャンスなのかもしれない。

活元運動がでるようになって、体調面でも排泄作用が出たり、感情的にも自分が一番観たくなかった部分が表に現れたり、なんだか「苦労するために整体やってるの?」という感じもあった。でも、紆余曲折しながらも良い方へ良い方へ向かっていることも事実。

さらに深めたくなった野口整体、最近は松田恵美子先生の本なども読んでいる。北山洋次郎先生の体癖論も現代的で面白そう。



最後に、放射能汚染について、野村さんのメッセージ、

「お母さん達が立ち上がって行政に訴えていく事は大切です。でもそれ以上に、その思いが「心配」や「不安」ではなくて「願い」「希望」である事の方が大切な事だと思います。感情に流されず、腹を据えて生き抜いていく、いらない情報は聞き流していく、そういうことができるお母さんが増えていって欲しいです。希望を持っていきましょう。」






posted by meg3 at 11:06| Comment(3) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

らっきょうの甘酢漬け

1ヶ月前ほどに仕込んだらっきょうが美味しく頂けるようになった。
子どもの頃は苦手だったのに、箸休めにちょこっと食べたくなるらっきょう。

皮を剥いていたら、娘が覗き込んで「まま〜、なにしているの?とれ、たまねじ?」だって。「たまねぎのお友達のらっきょさんだよ。」そんな会話をしながら仕込み作業。手がらっきょう臭くなったけれど、台所に保存食が並んでいるのは楽しい。今度はピクルス作ろう。

らっきょ近く.jpg

らっきょ.jpg

お酢 250cc
水 250cc
きび砂糖 100g
塩 大さじ21/2
ホワイトペッパー(粒) 小さじ1/2

洗って皮をむいたらっきょう(500g)を瓶にいれ、上記を煮立てた液を注ぐ。唐辛子、だし昆布を加え冷めたら蓋をして保存。わたしのは甘さ控えめレシピ、ホワイトペッパーはお好みで。
posted by meg3 at 09:38| Comment(0) | 台所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の切り干し大根

一晩冷蔵庫に置いて、ヒンヤリした切り干し大根。濃いめに味つけして冷や奴の上にどっさりのせたら、それだけで一品出来上がり!夏はこういうのもいいな。

夏の切り干し大根には、人参の他に、小ネギやセロリを入れると「一癖」あって美味しい。子どもが好まない場合は、半分取り分けてからそれらを加える。お家に青いものがあまりない時、「香草」をいれることがある。インドカレーを作るときに使う香りに一癖あるスパイス。

最近カメラを主人が仕事で使っている&携帯カメラ不調のため画のないブログ。
posted by meg3 at 09:27| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

3331へいく

千代田区のアートスペース3331に行ってきました。廃校をリノベーションして作られた3331、最寄り駅は末広町、上野御徒町、秋葉原、湯島などから徒歩圏内、大通りから少し入っているせいか空も広く静かで開放的な空間。

お昼になると、庭に近所の会社で働いているサラリーマンがお弁当を食べたり昼寝をしたりしている姿が見えたり、平日午後が近所のお母さんグループが「おしゃべり」しに来るらしい。児童館より開放的で居心地がよいからかしら。人って自然と気持がよい場所、落ち着く場所を見つけるものなのね。

3331で働いている友人とランチして、共通の友人の個展を観る。とっても繊細な作品の上、額装されていないので「子ども達が触ったらどうしよう!」と心配だったけれど、近くに藤浩さんの「かえっこプロジェクト」という玩具がたくさんあるスペースがあったので、そこで遊ぶ子ども達を見守りながら展示を観ることができた。

別の場所にもカプラのようなカオボコ板サイズの「つみ木」がたくさんあるスペースでいっぷくしたり、子どもに優しいスペースのおかげで2時間ほど楽しめた。さすがに館内の展示はほとんど見れなかったけれど。。。

美術館も「子ども向けプログラム、オムツ変えシート、あります。」というアプローチだけではなくて、「触っても良いよ。」「入っても良いよ。」スペースを数カ所用意してくれたらいいのに、なんて希望。
アートならではの玩具のセレクトや、子どもの遊ばせ方ってあると思う。「美術教育」といった堅苦しいものではなく、専門家が対象に歩み寄って提案できる「教育」「人育て」。それから「お座敷」というのもいいよね。子どもは大人と目線が近くなる座る場所が大好き。お座敷があればハイハイの赤ちゃんも安心して遊べる。靴を脱いでヨイショッと座るとなぜか隣の人に自然と話しかけたくなる。そんな「場」が生まれるのがお座敷マジック。

「子どもがいる空間」を美術館に押しつける気はないけれども、「子どもがいる人」も「子どもがいない人」も「子ども」を財産だと思える社会になってくれたらいいな、と思う。わたし自身も独身の知人友人と話していると、自分が「変わったな」と思うことがよくある。生活スタイルから、ものの見方までかなり「母親仕様」に修正されている。相当ずうずうしくもなっているはず(笑)。でも、大学の頃から志していた道で頑張っている友人たちに会ったり、活躍している様子を陰ながらみているととっても励まされる。今でもときどき会っている友人は、逆にわたしや成長していく子どもたちの姿から得ている事もあるみたい。

「どっちが正しい」ではなくて、「橋渡し」というか想像力で「相反する対象を気持よく同居させる」そんな仕組みをつくることもアートの可能性では。ぜひ、そのあたりは友人に頑張って頂きたいところ。



posted by meg3 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汗疹の経過

息子の汗疹は大分治まったよう。
「びわのば〜ゆ」から、ビワの葉エキスを水で希釈した液体をスプレーに入れて塗るようにした。快方に向かってからはこの方が気楽でなんとなくその方が良さそう。一番湿疹が勢いついているときがやはり「びわのば〜ゆ」というのが我が家の処方。

額、首下、背中、おしり、ひざうら、手首と、気がついたら上から下へ移っていった汗疹。全部出きった、という感じもする。わたしの腎臓不調も、副腎から腎臓、腰のあたり、膀胱とだんだん症状が下がってきてスッキリ、という経過だった。科学的ではないけれど、こう自然と経過を見ていると、ぜ〜んぶ出し切ったら勝手に治まるので体が意味あって訴えているかのようにもとらえられる。

それから、特に冷房のあるお部屋で汗を止めてしまった日は、夜お風呂に浸かるようにしている。暑いのでシャワーで済ませてしまいたい所だけれど、からだの中に溜まった汗を出し切ってあげると良い気がする。野口整体で梅雨、夏時期に一番気をつけるべきと言われている「汗の内攻(ないこう)」は肺炎を引き起こしたり、次の季節の不調にも繋がる。
「脚湯」「腰湯」と思って湯船の中に立ったまま遊ばせる。「肩までつかりなさい!」などと言わなければ、意外と水遊びにしながら長い事入ってくれる。肺を温めないようにすれば、のぼせないし、体にも負担は少ない。

それから、皮膚を強くするには「温冷浴」もお勧め。自律神経が整ったり、疲労がとれやるくなったり、という効果もある。お風呂につかって、水シャワーを脚から背中にササッと浴びて、またお風呂に入る、を数回繰り返す、という入浴方法。初めは水シャワーの時間を短く(脚だけとか)してだんだん様子を見ながら長くしていく。知人で「温冷浴」で化膿しやすい体質が改善した、という話も聞いた事がある。

今は娘が顔に汗疹。スプレーを化粧水感覚でパタパタして喜んでいる。
そういえば、このスプレー日焼け後の火照りや保湿にも効果あり。ビワの葉は陰性で消炎作用もあるので、サッと肌を冷やしてくれる。わたしも外出の後は目の周りにシュシュッとしみ対策に使っている。
posted by meg3 at 09:40| Comment(0) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ヨガカフェ終わりました

今週から息子の幼稚園が午前保育になりました。早過ぎ〜。。。
幼稚園といってもそれぞれで夏休み直前までお弁当やお給食があるという幼稚園も多い中、息子の幼稚園は昭和な感じの幼稚園。もちろん良い所もたくさんあるので一長一短。

先日のヨガカフェも無事終了。前期の仕事納めできた。
1回目よりも参加者も増え、クーラーなしという会場の不都合も、気持のよい風と緑、扇風機(これまた昭和)、参加してくださったみなさんの気持のよい笑顔で良い方に良い方に働き、和やかな会になった。

特に、ほとんどが未就園児を連れているお母さんたちの中に、お1人中学生と小学生のお母さんが単身で参加してくださったことがすごく良かった。「もともと小さいお子さんが好き。」とおっしゃっていたTさんに子ども達が近づいていく。Tさんも自然にひざに子どもをのせながら足裏マッサージをしてくださったり。

「子育て世代が子どもの年齢別に分断されないで関わる場所があったらいいな〜。」という一緒に企画しているKさんとわたしの思いが目の前で形になったり、「次回も参加したいです。」という声をたくさん頂き、細かくは改善点はあるものの手応えがあった。お子さん達も思いのほか落ち着いて遊んでくれたので、1時間くらいじっくり体を動かせた。

ヨガカフェ.jpg

わたし個人の問題としても。「人に頼ること」を少しずつできるようになって楽になった。「身内でなくても助けてくれる人はいるんだな〜。」と実感。

そう、Kさんとわたしが意気投合したのは311の後、「ただのヨガクラスではなくて、お母さん達の横のつながりができたり、生活を豊かにする糸口を提案出来たらいいね。」という素朴な思いから始めたヨガカフェ。考えてみたら、Kさんがヨガカフェの間わたしの娘をみてくれたり、お礼は本当に少ししかできないのに企画や当日大荷物で来てくれる事、すべてに感謝。

今までのわたしだったら、そういうことに恐縮していたのに、「わたし娘のときは1人目で一生懸命で余裕を持って遊べなかったから、今Nちゃん(娘)と遊ぶのが楽しいの。」と言ってくれるKさんの言葉を素直に受け止め「頼って」います。娘も、自分を大切にしてくれる顔見知りのKさんが大好き。贅沢だなあ、、、と思う。これもまた昭和な感じ。

ヨガカフェに参加してくださった方も実は区のイベントを一緒に企画している友人が半分くらい。みんな忙しいのに快く遊びに来てくれ、片付けまで手伝ってくれた。甘え過ぎ!?そうならないようにきちんと技術提供できるように精進あるのみ(笑)。

でもこういう「ゆとり」ってすごく必要だな、と改めて思うのです。

ご縁を忘れないで、いつか何らかの形でお返ししていけたらいいな。

会場1.jpg

posted by meg3 at 18:08| Comment(2) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

熱さ対策

この夏導入して良かったもの。まだ夏じゃない?でも暑さも日射しももう夏だよね。。。

・除湿器
暑いけれどクーラーが苦手。本当に暑い時涼みた〜い!と思うときもあるけれど、長時間クーラーの効いている部屋にいるとだるくなったり肩凝り、頭痛がしてくる。わたしは若い頃からそうで、「自然の風邪が気持ち〜!」「汗かくと気持ち〜!」とか日中クーラーの部屋でしごとしていたら夕方体が常温に戻っていくのが「ホッとする〜!」なんて言っていた。活気がある母には、変な子だと思われていたけれど、お友達には同じような感覚がある人がけっこういてちょっと嬉しい。

今年は梅雨入りくらいに『除湿器』を購入。簡単なタイプで音は少しするけれど、思った以上に効果あり。梅雨のとき部屋干しした洋服の乾きも良いし、最近は夜寝るときにかけるとモワンとした空気がスッキリ。暑がりクーラー大好きの主人も「これやると良く眠れる。」と言っていた。

野村奈央さんが毎年この季節に「クーラーは体を冷やし過ぎてしまうので、梅雨、夏の暑い時期は『除湿器』がお勧めです。」と教えてくださっていたのを、今年やっと購入。というのも、去年までは「除湿」のことをエアコンのドライモードの事だと勘違いしていていた。もちろん冷房よりもドライの方が体に負担が少ないとは思うけれど、実はあまり違いがよくわからなかった。

前回のワークショップでやっと『除湿器』のことをおっしゃっていたことが判明。日本のこの季節は『湿気』が体に大変負担を与える。「湿度が下がるだけで体感温度は相当下がります。またエアコンよりも体への負担も少ないです。除湿器は安価な物からありますし、電力もエアコンよりもかかりませんから一台あると良いですよ。」とのこと。

我が家はコロナの除湿器をアマゾンで購入した。2時間くらいでタンクに5cmくらい水がたまり、目で確認出来るのも楽しい。

この夏はクーラーと除湿器をうまく組み合わせてのりきろう!あっ、あとサーキュレイターも欲しいな。
LED買い替えや扇風機購入など、「エコ、省エネ、電力削減といいながら、結局電気屋さんの思う壷」と分かりつつ、こう暑いとやはり便利アイテム増やしたくなってしまうものです。




・サングラス
幼稚園の色白キレイママが大きなサングラスをしていて、「目から日焼けするらしいよ〜。」と教えてくれた。やっと子どもが眼鏡をこわす心配がなくなってきたので、とりあえず安いサングラスを購入してみた。実際につけてみるといつも日に浴びてヒリヒリするほほがすごく楽!こんなに体感出来るものだとは思っていなかった。もっと早く知っていればシミも少なかったかも〜、と後悔しつつ今からでも対策しよう。サングラス装着姿は意外と子どものウケがいい。
posted by meg3 at 11:12| Comment(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。