2011年05月31日

初めの一歩 初めの一歩

「米ぬかカイロを作ろう会」無事行われました!
「自分にできる事」をあれこれ探りながら友人と企画したワークショップ、まだまだ未熟ではありますが初めの一歩が踏み出せました。参加者の方々がハツラツ笑顔で帰っていかれたので、それが一番嬉しかったです。

米ぬかを布袋に入れて縫い付けながら、「こういうさ、捨てちゃうものをうまく活用するっていいよね。良い事知った。家で量産しよう!」とか、田舎が北海道の方は「なんでも『作る』のが当たり前に育ったから、逆に『買い物』が楽しい。」なんて話が出たり、雑談ともとれるような会話の中に「なるほど〜。」と学ぶ事もたくさんあり、お子さんが米ぬかをこっそり食べていて(お腹空いていたのかな〜!?)微笑ましい場面もあり、楽しかった。

「季節のテーマ、簡単ヨガ、お茶会」の3セットワークショップとして今後も継続する予定。
子育て中のお母さん達に「セルフケア」「手当て」の種を蒔いていけたらよいな。

米ぬか糸.jpg

今日の夕飯はキャベツ、プチトマト、エリンギ、オイルサーデンのパスタ。
子ども達もモリモリ食べてお腹いっぱい。
具はキャベツ、プチトマト、エリンギ、そして主人が近所のスーパーで買ってきたオイルサーデン。味つけは塩とハーブ。シンプルが1番!

パスタ.jpg
posted by meg3 at 22:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

糠床仕込み

昨日、仕込んだ糠床にさっそく手を入れ、野菜の芯や皮などを入れ替え「捨て漬け」をする。

林弘子さんのレシピを参考に、家にないものは諦め、
生ぬか、塩、水、鷹の爪、こんぶ、ヨーグルト、酒粕、煮干しを混ぜ合わせる。

糠床.jpg

半分タッパーに敷き詰め、野菜を入れさらに糠床を重ねて行く。
これから1週間くらい「捨て漬け」をすると発酵すすみ「糠床」の完成!とっても簡単!!

捨て漬け.jpg

生ぬか250gの少量糠床なので、狭いアパート暮らしの我が家には扱いやすい。お出かけのときは冷蔵庫に入れておく。
水分が出てきたら、炒り大豆や煮干しや干し椎茸など乾物を入れると旨味も出て水を吸ってくれるので良いそう。
わたしは、酒粕を手元にあった寺田酒家の玄米酒粕「むすひ」にしたのだけれど、家にあるもので色々工夫しながら糠床を「育てる」楽しみがワクワクさせてくれる。

ついでに玄米酒粕でパン作り。
子ども達にコネるのを任せたらネックレスやら蛇やら、桜餅やら作り出してただの粘土あそびに。。。相当楽しんでいた。ちゃんと膨らむか心配。意外に、手の常在菌が含まれて元気に発酵するかも!?

パン2.jpg パン.jpg



posted by meg3 at 10:17| Comment(0) | 台所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

「米ぬかカイロを作ろう会」仕込み

火曜日に企画している「米ぬかカイロを作ろう会」の仕込みをする。
雨降りなので、子ども達はお家ごっこをしたり仲良くしたり、大した事ではないのに激しくけんかをしたり。エネルギー余っている感じがするので、午後は児童館へ行かないともたないかな。。。

さてさて、お米屋さんに頂いた「生ぬか」を、生ぬかのままだと雑菌が沸いてしまうのでパラパラになるまで焦げないように炒る。

炒る.jpg

生ぬかと炒りぬかの色の違い。

糠比べ.jpg

梅雨入りして、体が冷えやすくなっているので、乾物を食べたり、米ぬかカイロで体を温めたりしよう。

米ぬかカイロを作ろう会」はまだまだ参加者募集中!
オフィスや電車の中、夜寝る前に限られたスペースでもでき、体に働きかける「指ヨガ」もお伝えします。火曜日雨が上がっている事を願って。。。
posted by meg3 at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

GAIA見本市で再会

今日は子ども達とGAIAの見本市へ。野村奈央さんのワークショップをご一緒していたお友達とお弁当を食べながらおしゃべりした。0歳と2歳の男の子の母である彼女は来月九州に引っ越しする予定。

今までお会いする機会はそんなに多くはなかったけれど、わたしのプライベートヨガも受けてくれたこともあったり気になっていたので、お引っ越しの前にお会い出来て嬉しかった。

わたしがお伝えするヨガは動きはとっても簡単なものが多い。わたし自身、本格的なヨガを深めていくことに憧れもあったけれど、現実的にもともと運動が苦手、怠け者、子育て中でまとまった時間がなかなかとれない、という感じだったから。それでも「続けられたもの」「生活に取り入れやすいヨガ」が自分の実感としてあったので「それを伝えたい!」そんな思いが基本にある。興味をもってくれた友人知人へマンツーマンでスタートしたプライベートヨガ。1人1人の方のつぶやきや後日談が今のわたしの財産になっている。

肩甲骨周りや足を自分の手で揉み解し体がポカポカしていく感じ、それを彼女は「自分の体をこんな丁寧に振れた事なかったなぁ。」とつぶやき「『自分を大切にする』「自分を見る』ことって子育てしていると後回しだから。」と話してくれた(言葉はちょっと違うかもしれないけれど)のを今でも覚えている。これ名言だね!お仕事している人だって、お年寄りだって、意外と『自分の事』は後回しだから、フッと振れられたときの安心感とか満たされる感じは、積み重ねていけばすごいものになる。

ヨガや野口整体のワークショップの後すぐにデトックス反応が出たり、感受性豊かな彼女が311以後色々悩んだ末決めたお引っ越し。わたしは前向きに見送りたいと思う。

その報告を受けて思い出した人が「根本きこさん」。逗子でcoyaというカフェを営んでいて、生活の仕方から料理のレシピまで数々の雑誌で紹介されているきこさんが、311を受けて沖縄に移住された。しかも「生産者」として。これから日本の食物自給率が減っていく、そんな中安全な食べ物を作る生産者にまずはわたしがなろうという決断。これを短期間に決め、成し遂げた行動力や先見の目、素晴らしいなと思う。

みんながきこさんのようなリーダー的な行動をとれる訳ではないけれど、「放射能」や「地震」から身を守る、それだけではなくて、その先に未来への「ビジョン」や「働きかけ」ができる環境に自分の身を置くことができたら良いと思う。「未来」とは漠然としているけれど「子ども達が大人になった時に何が必要か。いらないものは何か。」を母性を持って想像することなのでは。

見本市は雨なのに大にぎわい。丁寧な仕事をされている生産者の方々、そこに集まるお客さん達もいわゆる自然派という感じの方ばかりではなく普通にコンビニで買い物していそうな方もたくさんいて、すごく健全な感じがした。地震の後短期間で企画したにもかかわらず、この活気はGAIAさんの集大成を垣間みた気がする。子ども達はパン屋さんの試食や手で練って型をとれる石鹸遊びに興奮していた。トークの内容はユーストリームで見れるようになるらしいので楽しみ。

以前わたしの花びらネックレスを「可愛い」と言ってくれたので、色違いのものを作ってプレゼント。
今度お友達に会うときには、背中におぶわれた次男くんは歩いているのかな?なんて楽しみにしながら。。。

花びらネックレス.jpg
posted by meg3 at 23:10| Comment(2) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日差しの強い日に

梅雨入りしたけれども、、、日差しが強い日に大活躍の「ちょっと高いけれどお勧めのもの」を紹介。

3年前に購入したHEREN KAMINSKIの麦わら帽子。高かった〜。欲しいと思ってから2年我慢して買いました。つばの形が決まる!移動中は小さく畳める!頭が群れない!どんな洋服にも合う!長持ちする!いろんな面でお勧め。
「とりあえず。」と安いものを買って1シーズンでクタッとしてしまい気がついたら毎年買い替えることを思えば元は取れたかな。と自分に言い聞かせる。色も選べ、つばの長さは3段階あり、実際にかぶってみると自分にマッチした長さが見つかる。本当は同じ素材の紐が巻いてあるのだけれど、赤ちゃんだった頃の娘が妙に気に入ってしまい紐をしゃぶりだしたのでシナシナになる前に外した。そろそろ復活かな!?自分で布を細くクルクル結って紐を作って巻いてみても可愛いかもしれない。

麦わら帽子.jpg


MiMCスーパーミネラルサンクリーン

ファンデ.jpg

「SPF50なのにクレンジングなしで落ちる!」この文句に気になっていたのだけれど、これも「高いな〜。」と踏みとどまり購入するまでに1年かかった。最近シミが気になりだして、SPF18の日焼け止めではカバーが足りないのかな、と思い始めていた。だからといってファンデーションや強い日焼け止めは皮膚が呼吸出来ない感じが好きじゃない。

そういえば最近、5歳の息子に「どうしてお母さんはお肌がきれいじゃないの?いろいろツブツブがついているよね。幼稚園の先生はお肌スベスベだよ。」と真面目に言われた。「そんなこと見てるんだ〜!!」と半分感心。「お母さんのはソバカスといって、小学生の頃からあるからしょうがないよ。」と言い訳をしながらも、ソバカスではないシミというやつが最近増えてきているのも事実なので、見抜かれてショック〜。それを口実に購入!
夜は石けんで洗顔、馬油と化粧水のみ。朝は冷水洗顔(時々米ぬか洗顔)、化粧水にセパミドの日焼け止め、その後にスーパーミネラルサンクリーンというシンプルケアなので続けやすそう。美容液や乳液、その他化粧品をそろえる事を思えば安いもの!とまたも自分に言い聞かせないと気が済まないわたし。

実際に使ってみて、パウダーなのに乾燥しない。ワントーン肌をカバー出来るけれどほとんどスッピンに見える。朝つけて、日差しの強い日は昼過ぎにもう1度重ね付けしても分厚くならない軽い使い心地。ファンデーションをつけると肌が疲れた感じになっていくのだけれど、このパウダーは毎日使っているとむしろ肌が綺麗になっていく気がする。ミネラルだからかな?日焼け止め効果は乞うご期待!

ファンデ2.jpg
posted by meg3 at 16:57| Comment(6) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

引き算

今日血液検査の結果を聞き「腎機能に問題なし」でした。蛋白尿が出ていたので3ヶ月後くらいに再受診することに。血糖値も基準値。やや高めなので注意は必要だと思うけれど、去年よりは下がっていたのでほっと肩を撫で下ろす。

実際の体調も昨日くらいからいつも通りに戻り、気持ちも前向きに。
ずうっと食べたくなかった甘みも美味しく食べられるようになった。こうでなくっちゃ。なんて懲りないわたし。

結局体調が悪いときは「引き算」が良いとつくづく思う。
「これをすれば良くなるかもしれない。」「何を食べたら良い。」とあれこれ考えてしまうけれど、本当は「減らす」事の方が体にとっては負担が少ない。野性の動物は怪我をしたら断食するそう。そうすると傷の治りも良いし化膿する事もない。わたしは今回食生活では「塩分、油分、動物性たんぱく質、砂糖」を控え小食に。休みたいときは休む。ことにした。わたしにとってなぜか「塩分」が一番危険な感じがしたけれど、同じ腎機能低下でもその人の体質によって、腎臓の濾過機能が緩み過ぎている人、反対に詰まってしまっている人によって対策は変わってくる。ファミリーヨガの石井先生に教えていただいたことがある。

お医者様に話したら、「食事や疲れが原因で腎臓に負担がかかる事は考えられます。」とおっしゃっていた。「かりに腎臓機能が低下していたとしても本当に治す薬はないんですよね。利尿をしやすくする、とかそういう症状緩和はできますけど、やはり食事や生活習慣を気をつけて頂くのが1番だと思います。」とのこと。この先生お決まり文句、「はい!いいでしょう!」を聞き、何はともあれ良かった良かった。

そういえば、最近息子の同級生や子ども達に「容連菌」「お腹壊し」「発熱」「鼻血」「鼻水」「咳」などの症状が出ている子が多い。しかも共通する事は「治りにくい」ということ。季節の変わり目だから?放射能の排泄?はてさて疑い過ぎてはいけないけれど、出せるものは出し切ってしまったほうが良いことは確か。

わたしも今日は頭蓋骨がキュっと締まる感じがする。気圧の変化か?地震の予兆か?なんて思ったり。でも結局色々知っていて心配している人よりも、日々を前向きに呼吸を深く生活している人の方がいざというときに強い。わたしは意識しないとあれこれ考えたり変に感受性が豊かなところがあるので、足湯をしてアキレス腱を緩めたり、活元運動をしたり、ヨガやマサージしたり、子ども達と他愛のないことで笑い転げたり、友達や主人とおしゃべりしたり、そういう事の積み重ねが心を解してくれている気がする。



posted by meg3 at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

菌について学ぶ

味噌や自家製酵母パン作りから、いよいよ興味がわいてきたものが「発酵食」。
「麹菌」や「酵素」も意外と簡単に作れるのではないか、と思い少しお勉強。
「楽健法」の本にも「納豆の作り方」がのっていたけれど、図書館で何冊か本を借りてちょくちょく読んでいる。

発酵食本.jpg

林弘子さんの「発酵食づくり」には「玄米麹」の作り方も。細やかに説明があるのでお勧め。
麹.jpg

今日たまたま「元気亭」で「玄米酵素」の社員さんらしいおじさまに「酵素」の素晴らしさを説かれ熱がよみがえる。
排毒作用が期待できる酵素。熱に弱いので生の果物や野菜から摂取するローフードも流行っていたけれど、たぶん日本人には「醤油」や「味噌」、「納豆」「麹菌」の方が合っていると思う。おじさまによると玄米酵素は添加物や農薬の排泄をしてくれるそう。さらにスピルナ(海藻)入りのものは放射能も排泄しやすい体になるらしい。
酵素の取り方も人それぞれで、食後に食べれば消化を助けてくれるし、食前に食べれば満腹中枢を刺激してくれてダイエットになったり、お酒を飲む前に服用すればアルコールを分解してくれるので肝臓の負担が減る、とのこと。子どもの脳の発達にもよいそうなのだけれど3歳までみたい。あと肌にもよいとか。。。思わず商品を購入してしまいそうになるほど上手な説明に感心。でもね〜、問題は飲み続ける必要があるという事。商売として成立するわけだわ。と自制し自分で作ってみようかな。。。と本腰を入れて検索。

とりあえず作ってみたいのが旬の素材梅を使った「梅酵素」。自分の手の常連菌を使って作る「梅酵素ジュース」が簡単そうなので今年はチャレンジしてみようと思う。それから手元に在るもので作れそうなのが「糠床」。煮干しやヨーグルト、酒粕、昆布、大豆などを加えた林弘子さんのレシピで作ってみたい。

posted by meg3 at 21:58| Comment(0) | 台所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっとリッチな切り干し大根

切り干し大根は子ども達が好きなので良く作る。
今回は、切り干し大根と人参の定番コンビに牛蒡とインゲン、舞茸を加えて5品目。
牛蒡ときのこを入れるとコクが出る。ごま油で炒めて味つけはお醤油とひとつまみのお塩のみ。作っているときはなんだか豪華な気がしていたけれど出来上がりは地味でした。
大分体調が良くなったものの、粗食を抜け出せないわたしには救世主。

ちょっと豪華な切り干し大根.jpg

posted by meg3 at 21:21| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

脇役料理

先週、急に「手の込んだもの」が食べたくなって作った品々。といっても簡単なものばかり。忙しいときはついついササッと炒め物やどんぶり、パスタが多い我が家の夕飯も「じっくり焼く」「じっくり炒める」ただそれだけで、素材の旨味が引き出されてホッとする味になるから不思議。並べてみるとすべてメインにはなりがたい脇役ばかりだけれど、お魚とご飯とみそ汁と合わせて食べれば彩り鮮やかで心も満たされる。

南瓜スープ☆たくさん作って翌朝のスープにも
鍋でじっくり炒めたタマネギに、南瓜水を入れて南瓜が柔らかくなるまで火を通す。
南瓜をマッシャーで潰して、牛乳を加え塩で味を整える。

南瓜スープ.jpg

さつまいもサラダ☆甘くて子どもに好評
土鍋でさつまいもを丸ごと蒸し煮する。
皮を剥いて一口大にカットし、マヨネーズ、味噌で和える。

サツマイモサラダ.jpg

ズッキーニと牛蒡のグリル焼き☆時間はかかるけれどいくらでも食べられる
輪切りにしてグリルでじっくり裏表焼く。お好みで塩やディップをつける。

焼きズッキーニ、ごぼう.jpg

こんにゃく昆布☆箸休め、お弁当の後1品に
こんにゃくの灰汁抜きをして、手でちぎる。
鍋に水、昆布を入れて少し置き、こんにゃく、醤油を垂らして水分がなくなるまで火を通す。

こんにゃく昆布.jpg
posted by meg3 at 10:13| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先輩に聞く!

体調も大分良くなってきた。ホッ。やっぱりからだを休めるのが1番だったみたい。

顔がスッキリしてきたわたしをみて、主人から晩酌をしながら、「30超えて色々出てきたね〜!」。と。。。主人も30までは自分の体が悪くなるなんて思いもしなかったのが、仕事のストレスなどで胃の調子が悪くなったそう。そして40の男は「今もストレスはあるけど逃せるようになったと思う。30くらいのときはちょっとのことでも『だめだ〜!!』ってなってたけどね。これから揉まれていくんだよ。」とも語った。「何弱ってるの?」と叱られるかと思ったら、意外と共感を呼ぶ発言に驚きながらも納得。
周りの少し年上のお友達を見ていても30前後って体調がガタッと崩れるときなのかも、と思っていたからそうだよね。そういえば、昔すぐ胃が痛くなっていた主人も今ではさほど訴えなくなっている。ちなみに胃に不調が出る人はゾーンセラピーでは「気遣い屋さん」みたい。

40代の主人の後は50代の母。電話で「30、40前後は体力的にガクッと落ちるけけれど少しすると落ち着くのよね。でも、50になるといきなり頭が衰え出すから今のうちに興味のある事は色々勉強しときなさい。」「興味のある事や今まで詳しかった事に関しては年をとっても深めていけるのだけれど、新しい事を受け入れられない、理解出来なくなってきているのよね。」と言われた。

50代はわたしには未知の世界、ではあるけれど、すでに興味関心が偏ってきているから要注意だわ!
それぞれの年齢の悩みや乗り越えるべき方法があるんだな。たまにいくつになっても精力的な方もいらっしゃるけれど、わたしも1つずつ経験して年を重ねていこう。

お花.jpg
posted by meg3 at 09:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

腎臓を元気にするために

腎臓不調の原因はたぶん「疲れ」かな、と思い、主人や子どもも黙認してくれたので良く寝た。さんざんゴロゴロした後、お医者様にも見てもらい、「自分でできる事はやってみよう。」という気持ちになった。せっかく沖ヨガと野口整体勉強しているのだから、こういうときに実践したいものね。そういえば体の感じが妊娠後期のむくみに似ているので、役に立つ人がいらっしゃったら、、、なんて思い書いてみます。

・小豆の昆布煮、切り干し大根を食べる。
腎臓に良いとされている小豆を煮て無味で毎日少しずつ頂く。蒸した南瓜の上にかけて夕飯に出したり、子ども達には花見糖やメープルシロップを混ぜておやつに。
切り干し大根は糖を排泄する作用がある。


・活元運動・愉気
活元運動を行って体が自然に治ろうとする力を促す。
結局、わたしは腎臓がもともと弱いからそこに出ただけで「体のバランスが崩れた。」という事なのだと思う。腎機能が低下すれば、感染症にもなりやすくなるし、肝臓や他の内蔵の機能にも影響する。症状が出た「その部分」だけフォーカスして治す、のではなくて体全体を「良い方向」へ持っていく事が大切。

・腎臓、お尻、お腹周りを刺激。
自家製米ぬかカイロをあててみたり、煙をモクモクたてながらお灸をした。本当はしょうが湿布がしたい。が腰が重い(笑)。
ヨガのお尻解し、足マッサージ、猫のポーズからお尻倒し。

・粗食にする
風邪を引いた時、怪我をした時、体調を崩したときはいつもこうするのだけれど、今回の場合は、必要以上食べたいと思わなかったので楽だった。我慢している訳ではないからね。あと、ご飯にみそ汁がおいしく感じた。こんなこと言っていても、根が食べるの大好きなので、「きっとカロリーの高い物を食べたくなったら元気になった証拠なのだろう。」とそのときを楽しみにしている。

・ストレスを減らす。
腎臓やその上にある副腎はストレスの影響を受けやすい臓器でもある。わたしも大抵「ストレス溜まっているな〜。」というときに症状が悪化する。
また、最近読んでいるソーンセラピーの「足裏をもむと健康になる/大谷由紀子」という本にも、体の臓器、その足の裏の反射区と感情の関係が密接であるという事が書かれていれている。それぞれの臓器の果たす役割を人の性格に結びつけて考えると、腎臓は血液を使えるものと不要な物に沸け、不要なものを尿にして尿管に送り出す臓器。その働きは仕分け作業なので、「失敗が許されない」「慎重さや完璧さ」が求められているイメージ。だから、腎臓の反射区が硬い人は完璧主義だったり几帳面だったりするらしい。「ありのままの自分を認めてあげる。」ことが大切だそう。なるほど〜。完璧主義ではないけれど、いつも主人の仕事が忙しくなると「わたしがしっかりしなきゃ。」と必要以上に力んでいる所があるように思う。うまく息抜けたら良いのだろうな。
どの病気の原因も性格や感情と意外と根深く結びついていて「症状だけ治ってもまた再発してしまう。」のはそのせいだと思う。

クマザサ茶を飲む
尿の出も悪かったのだけれど、利尿作用があるコーン茶、ビワ茶、ジャスミン茶などのお茶は大抵「極陰性」で今のわたしの体調には合わない気がしていた。腎臓、お尻周りが冷えていたから。。。三年番茶を飲んだら腎臓周りはホッとしたけれど、利尿には繋がらなかった。そこで以前ルピシアで購入してあった「クマザサ茶」を飲んだら効果覿面!すごく楽になった。少し甘みがあり色味も味も「スギナ茶」に似ている。

生命力が強く、意外とどこにでも生えているクマザサ(熊笹)はイネ科の植物。ビタミンやミネラルが多く含まれていて、免疫力アップ、止血作用、抗菌作用、抗炎症作用があり、さらにはガンのもとになるウィルスを撃退する効果もあるそう。

 

posted by meg3 at 17:02| Comment(2) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶり

またも久しぶりの更新になってしまいました。
なんとなく忙しく、なんとなく体調を崩していた。

11日のワークショプの後、副腎と肝臓が筋肉痛みたいになって、それから腎層、腰回り、膀胱と痛みが下がってきている。これって何か意味あるのかな?

今日お医者さんで見てもらったら腎炎とか石が詰まっているということはなかった。腎臓の機能については血液検査の結果がでないと分からないようなので、とりあえず膀胱炎のお薬を頂いた。飲むかどうするか?

わたしとしては、以前健康診断で血糖値が高いと言われた事があるので糖尿病予備軍的な症状ではないか、と思っているのだけれど、主人に説明しても「やせてるのになんで?」と言われた。最近は痩せている人の糖尿病も多いそう。
家系的にも腎系が弱いので意外ではないのだけれど、最近はビールを飲むと覿面。暑くて喉は欲しているけれど、その後のことを考えるとぐっと我慢。あとは甘いものを食べたくない。。。不思議。でもからだは色々教えてくれているのでそれに従いましょう!

11日にガイアのワークショップへ参加。
今回のメンバーの輪ができてきて、子ども達も楽しそうだった。
気がついたらわたしは古株になっていて我が子達は最年長。赤ちゃんや授乳しているお母さん達はいつお会いしても「懐かしいなあ。」と朗らかな気持ちにさせてもらう。愉気(ゆき)とか活元運動(かつげんうんどう)等々詳しくは改めて。

そうそう、ガイヤさん今週末に見本市を行うそう。
http://gaiashop.net/at_gaia/
特に3本立てトークはお勧め。311後、「今必要はこと」を考え「反原発」の立場で企画したもの。
こういうフットワークの軽さは、会社の規模や経営者の意識の問題に関わっている。今回の地震は相当の影響を与えたけれども、実際ほとんどの会社は休まず、むしろ今まで異常に忙しく仕事を続けている。本当は1度止まらないと方向転換ができないのに、無理矢理進むから曲がった方向へ進む事になってしまう。と野村さんも心配されていた。

区のイベントの報告書のデザインを頼まれ、家でイラストレーターをいじっていたら娘がよく泣くように。気持ちがそれてしまったからだよね。。。と反省、そして挽回中。

息子が幼稚園でつくってきた「ねこ」。広告をを折り紙にする幼稚園、いいな、と思った。
でも、この子はねこというよりも牛さんだよね。

牛猫.jpg
posted by meg3 at 13:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

こういう時だから

今日は子育てイベントの打ち合わせ。
来月「防災」のイベントを2つ行う予定。「緊急時の乳幼児の蘇生法、誤飲などの対処法、子どもを抱えて何を持っていったら良いか、備蓄したらよいのか具体的に色々知りたい!」という子育て中のメンバー達の声を元に企画会議。当日は消防署の方にも来て頂くことになっている。
区内には「防災センター」というものもあり、下調べに行ってくれたメンバーのによると色々面白い話が聞けた。区で備蓄している紙おむつは1人1日4枚3日分、とか。。。現実的に数字を聞くと自分で準備しておくべき物や量が見えてくる。災害時に向けた資料は参考になりそうなものばかり。こういうものが日の目を見ない、というのはもったいない。

個人的には「マニュアル」を作ってしまう事には危険性もあるな、と思うのだけれど、「基本を知って融通を利かせる。」というのが一番良いのかもしれない。

今回はヨガの出番はなさそうだけれど、久しぶりにこのメンバーで企画を立てられるのは楽しみ。

良い「気」を持った人と会うと元気が出る!そんなことをしみじみ感じる今日この頃。
放射能汚染ひとつをとっても反応は人様々。危険性や対策の取り方はみんな違うし、それを多くの人が共有することは難しい。楽観的すぎるのも???だけれど、話しただけで相手をドンヨリさせてしまうのも嫌だなあ。でも、原発の事とか広い視点で社会のあり方を知る姿勢ももっていたい。矛盾しているようだけれど芯は持ちつつ人を否定しない。しなやかに。
そういえば、打ち合わせのメンバーも幼稚園の仲良しお母さんも「この人に会うとホッとする。」「また話したいな〜。」と思える人たち。相性もあるのかな。人の良い所から学んでいきたい。





posted by meg3 at 21:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

自家製カレー

そら庵さんの野菜カレーを頂いて、自分でもカレーを作りたくなった。
トマトベースで、レッドペッパーを入れなければ子どもでも食べられるはず、と思い、タマネギのみじん切りをじっくり炒める。
具は豚バラ肉を包丁でみじん切りにしたものとお豆、いんげん。トマト煮を加え、クミン、コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラなどのスパイスとお塩とこしょう、醤油で味を整え出来上がり!

ご飯はターメリックをほんの少し加えて土鍋で炊いた。暑いときは土鍋で炊いたさっぱりご飯がおいしい。

子ども達も無事食べられた。「これ、なに?」と聞かれたけれどもね。一応「インドの辛くないカレー、かな!?」と答えてみた。大人にとっても、スパイスを調合しているから甘口カレールーよりも美味しく感じる。でもインドのカレーには豚肉入れないわよね。。。

キーマカレー.jpg
posted by meg3 at 16:39| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

打ち合わせ

今日は、友人と月末に行う「米ぬかカイロを作ろう会」の打ち合わせ後、そら庵さんでランチ。そら庵さんのカレーはカレールーの味ではないのだけれど、「お母さんの作った」ホッとする味。
3種類の中で「野菜カレー」は辛くなくて、2歳の娘もハーフサイズをペロリ。

帰りに筍を頂き、お家でサッと煮を作る。

筍.jpg


3人のお子さんがいるパートナーと一緒に先月から温めた「米ぬかカイロを作ろう会」。
人が集まってくれる事を祈ります! 詳細はこちら → ☆

米ぬかチラシ完成.jpg
posted by meg3 at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココアケーキ

久々にオーブンで焼き菓子を作った。
久しぶりなのに目分量で適当に作る。こういう感じが好き。
粉と花見糖、ベーキングパウダーにバナナ、木綿豆腐、水、菜種油、プルーンを混ぜたものを投入!180℃のオーブンで加熱するだけ。
ときどき手作りのお菓子が食べたくなるのよね。同じくらい買ったお菓子も好きだけれど。

娘を生んだ後の異常な食欲はおさまり、最近は「これで充分。」という満足感が得られるようになった。ホッ。甘いものをいくらでも食べれたあの頃が不思議。

ココアケーキ.jpg
posted by meg3 at 20:43| Comment(0) | おやつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

玄玄セット

今月末米ぬかカイロを作るワークショップを企画している。
「簡単で気持ちが良い」ので、せっせと作ってプリントと一緒にお友達にプレゼントしたり。

お米屋さんに米ぬかを貰いにいきながらお話ししたり、カイロを渡した友達から色々情報を貰いながら試作品を作っている。捨てる部分を活用して作られた米ぬかカイロは日本では古くから作られていて「ほけ」とも呼ばれているらしい。海外でも、木の実の殻を布袋に入れて電子レンジでチンして体を温める、という家庭の知恵があるとか。万国共通なのね。

玄玄セット.jpg

米ぬかプリント.jpg

posted by meg3 at 10:42| Comment(2) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

週末小料理屋

週末は子ども達のおやつタイムくらいから主人がぼちぼちビールを飲み始めるので、軽くおつまみを出して、そのまま夕飯へ流れ込む、というスタイルが確立されてきた。夕飯はうどんとかそうめんとか「締め」的な感じ。

我が家は休みの日に「さあ出かけるぞ!」とプランを立てられないみたい。主人もわたしも個人ではけっこうフットワークが軽い方なのに、いざ家族行事となると「どうする?」「どうしようか?」と言っているうちに1日が終わってしまう。朝寝坊をして子どもと近所の公園へ行って夕方から飲み始める。。。緩すぎる。

昨日の「締め」は水餃子。主人が飲み始めたころ、わたしは水餃子の皮をコネコネ。子ども達はジュースを半分こして、セロリと人参をヤギのようにポリポリ。生地を寝かしている間に、洗濯物を畳んだり掃除をしたり。餃子の具を作り水餃子完成の頃には主人はできあがり、子ども達は玩具の片付け。いきなりたくさんの料理を出すよりも、出来上がったものから出していくとお店気分が味わえる。子ども達も、わたしと3人のときはわりと規則的に食事をしているので、たまにはダラダラと摘み食い的な食事も楽しんでいるよう。

久しぶりに餃子の皮を作ったのだけれどやっぱり美味しい!茹でると大きくなるから得した気分!

人参とセロリのスティックにクリームチーズのディップ、大根の漬け物
*ディップはクリームチーズ(ハーブとニンニク入り)にオリーブオイル、白みそ、レモン汁を混ぜたもの

野菜スティック.jpg

自家製パンとパテ

自家製水餃子、大根ときのこのサラダ、おむすび
*餃子の中身は豚肉と海老、葉ねぎ

水餃子.jpg

大根サラダ.jpg

posted by meg3 at 10:35| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

母の日のプレゼント

先日いつも天然石のブレスを作ってくれているお友達が、ブレスを届けてくれた。
今年の母の日プレゼントのためにオーダーしていたもの。

それぞれの生年月日と大まかな性格とか好みの色を伝えて作ってもらった。
60前後の女性のために作るのはきっと難しかったのだと思うけれど、素敵に仕上げてくれた。
同じ石でも色味があるので、お義母さんのローズクオーツはピンクというよりは乳白色のような感じのものを選んだり、母のカーネリアンはグラデーションで表情があって、以前わたしや妹のために作ってもらったものとはまた違う魅力があった。「やっぱり相手に寄り添う気持ちが大切だよね。」と優しい気持ちになる。

さっそく息子に「どっちがどっちのおばあちゃんのか分かる?」と聞いたら、「こっちがNおばあちゃん。」と大正解!それぞれ「似合いそうだから。」とのこと。気に入ってもらえると良いなぁ。

母の日ブレスレット.jpg
posted by meg3 at 10:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。