2011年03月26日

なんちゃって布おむつで紙おむつ節約

生真面目に節電をしていたわたしは、先週まではパソコンをほとんど開かなかった。けれども、地震が起きてから今日までブログアクセス数は全く減っていない。嬉しい叫び!と同時に「みなさん西東京の方なのかしら?」「そんな訳ないよね。。」と1人突っ込みをしながら、「もしかしたらその中に被災地の人たちもいらっしゃるかも!?」という期待も。被災地でもガスや水がだめでも電気だけは繋がっている地域もある、とテレビで聞いたことがある。

お水をほとんど使わないレシピ、お鍋でご飯を炊く方法、布おむつについて、体を温める方法、手当て法、保存食の作り方、、、、わたしなりにお伝え出来る事があるかもしれない。そういうことにようやく気がついたのでした。

まずは、都内の乳幼児を抱えた友人から聞かれた「布おむつ」について。「布おむつをそろそろ始めてみようかな。」「そもそも布おむつってどんなもの?」などなど。
地震直後、私の家の近所でも紙おむつも買い占めの対象になり陳列棚がガランガラン!最近は相当落ち着いて来たけれど、もしも今困っている人が居たら試してみてください。

たしかにわたしも初めてのときは「布おむつ」というものがある、と思っていたけれど、実際はおむつカバーとおしっこを吸収する布おむつ(布)のセットで使うものであることを知った。海外のものを合わせたらタイプも多種多様にある。
物流が安定していないとカバーにしても布おむつにしても規制品が手に入りにくいと思うので「なんちゃって布おむつ」がお勧め。紙おむつをおむつカバーとして使い、その間にいらない手ぬぐいタオルを畳んで挟む、という方法。これならば敷居も低く、紙おむつ使用枚数を少なくする事ができる。

1.いらない手ぬぐいタオル、もしくはいらない布を手ぬぐいタオルくらいの大きさに切って、四つ折りにする。端5〜10cm位を折り返し男の子は前、女の子は後ろにあてる。

ステップ1.jpg

2.着なくなった肌着やTシャツなどをカットしてその上におく(ライナー)。

ステップ2.jpg

3.ライナーはおしっこならば洗って繰り返し使い、うんちならば廃棄する。そうするとタオルの汚れが少なくてすみ、洗うのが楽。

4.重層を入れたバケツにつけ置きして洗濯機で洗う。

*ピンクのものが布おむつカバー、紙おむつ(テープタイプ、パンツタイプ)でも代用可能。一般の布おむつは水分を吸うものであれば何でもOK。モコモコし過ぎてしまったら半分にカットする。

布おむつセット.jpg

*編み物好きな人ならば、ウールソーカーを作ってみても。。。紙おむつの大きさを参考に手作り。ウールは通気性も良く、伸び縮みするのでサイズも融通が利く。

ウールソーカー.jpg


*毛糸もない、という方は大人の靴下でウールソーカーができます。お裁縫苦手な方でも簡単に出来るのでお試しを!

http://hutabo.blog86.fc2.com/blog-entry-318.html


「こうしなければ!」「こうでなければ!」という思い込みを捨てると案外楽に始められる事は多いように思う。布おむつに興味があっても、「部屋が汚れたら嫌だわ。」「洗濯できるかしら?」と続ける自信が持てない人もとりあえずこの方法で試してみて、できそうならば本格的に布おむつをしてみても良いし、無理そうならば引き返す、そういう柔軟な生き方のステップとしても試して頂けたら。。。
posted by meg3 at 22:38| Comment(0) | 布おむつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

地震から10日、不安な中での未来への希望


東北関東大震災から10日が経った。

被災者の方々、そのご家族にお見舞い申し上げます。
亡くなられた方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。
また、福島原発の現場で命がけの作業をされている方々に感謝します。

予想以上の地震と津波の被害、そしてなかなか終焉を迎えない福島原子力発電所の事故。
放射能被害は日に日に不安が増していく。

家族みな無事で、住む所があり、家族とともに生活出来ることに改めて感謝している。
地震直後も、子どもたちに笑顔で通常登園をさせてくれた幼稚園、一度はガラガラになった棚に品物を届けてくれたスーパーの方々、「閉じこもっている場合じゃないよ!」と変わらず仕事していた主人に勇気をもらった。地震後2、3日は寝付けなかった息子も幼稚園に通い平常を取り戻した様子。特に子どもにとっては「普通通り」であることが何よりも大切な安心材料。また、救援活動や被災地の方々の姿を観て、「生きているわたしがしょぼくれている場合じゃない!」ととにかく普通の生活を心がけた。普段はめったに夕飯を一緒に食べられない主人と家族団らんを楽しんだり、仲良しお母さんと公園でおしゃべりして心が解れた。
けれども、子どもを育てている親として放射能汚染は脅威。微量放射能が後々体に与える影響は鎌仲ひとみさんの「ヒバクシャ」を観ていたので既に知っていた。それは大人よりも子どもに影響を及ぼす事も。。。

都内でも水道水にヨウ素やセシウムが検出されている。
親しい友人が何人か待避した。そんな中で「わたし自身はどんな風に生きていこうか。」と考えたり、原発について調べたり、そんな一週間だった。

一方で直感力を磨くために腹式呼吸を心がけた。深い呼吸は気持ちを落ち着かせるだけではなくて直感力を引き出してくれる。「インディオは、自然現象を察知する能力が長けていて昨日歩いたジャングルが全く違う見え方がするらしいよ。」とル・クレジオの本に書かれていたことを主人が教えてくれた。現代的な生活をしているわたしたちはインディオほどの野性はとっくに失っていると思うけれど、情報に翻弄されるだけではなくて底にある「直感」を改めて必要としている時期だと思う。

今回の地震で多くのものを失った。今もさらに失いつつある。
でも、この経験が日本や世界の良い意味での「方向転換」になるのではないか、という希望がある。既存のシステムに「戻ろう」とするのではなくて、新しい可能性を「生み出していく」そういう風に復興のエネルギーが使われていったら良いな、と願う。
きれいごとではなくて、今までも気がついていたけれど知らないふり、見えないふりしていたことを、多くの人々が真摯に受け止める。その第一歩が、原発について「知る」ことだと思う。


ーーーーーーーーーー

以前、野村奈央さん(野口整体)に勧められた本。2007年に書かれた本だけれど、「原発は本当に大丈夫なのか」「原発に見る日本社会の縮図」という項にまるで今回の原発事件を想定していたの?と思わせる記述がある。また未来への展望も。
「国の理想と憲法」野村昇平さん

原発で監督をしていた方の記事。
「原発がどんなものか知ってほしい」平井憲夫さん(原発現場作業員)

活動家独特の強い語り口が終末論的だけれど、ほぼ事実を語っていると思う。 
ニュースの深層3/17「福島原発事故 メディア報道のあり方」広瀬隆さん(ノンフィクション作家)1
ニュースの深層3/17「福島原発事故 メディア報道のあり方」広瀬隆さん(ノンフィクション作家)2
ニュースの深層3/17「福島原発事故 メディア報道のあり方」広瀬隆さん(ノンフィクション作家)3

新しいエネルギーの可能性について前向きに考えられている。
エコレゾウェブ
「これからのエネルギーについて僕らができること」  鎌仲ひとみさん
「今だからこそできる話がある」  田中優さん
「新しいエネルギーの未来」  田中優さん

原発反対の方が書いた放射能汚染に関する冷静な見解。
「2011年3月11日、今日から空気は危険になる?」 田中優の’持続する志’

テレビニュースとは違う視点で、福島原子力発電所事故の解説。
アースデイ東京2011ニュース 
福島原発についての解説」 田中優さん(未来バンク事業組合)
posted by meg3 at 16:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

朝のお茶漬け

今朝のメニューは鶏出汁のお茶漬けと大根の梅酢漬け。
先日お茶漬け屋さんでランチをしたときに、息子が「僕、こういうの食べるの始めて。」と言っていたので、試し作った。前の日の夜に仕込んで当日はご飯にかけるだけ。ついでに翌日のお弁当の一品も出来るのでお勧めです。

朝温かいものを食べると気持ちもポカポカ。そして、なぜかわたしも主人も食べた後すぐにお通じが!それだけでも健康的な感じ。慌ただしい朝にもお茶漬けはササッと食べられるので他のレシピも考えてみよう。

お茶漬け.jpg

1.鶏もも肉に弱火で火を通し濾して出汁をつくる。(鶏もも肉はお塩、お醤油、赤ワインビネガーに一晩漬けてお弁当のおかずに)
2.そこに適当に切った人参、水菜、油あげを入れ塩で味を整える。
3.温かいご飯にかけ、海藻をトッピングする。
posted by meg3 at 23:47| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨガウェア

もうすぐ息子の幼稚園は春休みを迎える。年長さんは卒園に向けてなんとなく忙しそう。来年は息子もこんな感じなのかな。。。
来週の水曜日から午前保育。来週の月、火曜日は午前中予定が入っているので「今のうちに!」と明日は神田のファミリーヨガに行く予定。今は月1ペースだけれど、自分の体のメンテナンスのためにもインプットのために学ぶ時間を作りたい。

そして何より明日のヨガのお楽しみは、新しいヨガウェアを着ていくこと!
誕生日に妹からもらったヨギー・サンクチュアリのカーディガン。実はスタイルヨギーを見ていて、ずっと「欲しいなあ。」と思っていたもの。「そんなおしゃれしなくてもヨガはできるし。」と購入を躊躇していたものが、リクエストした訳ではないのにそのまま届いたので、それはもう感激。妹からは「誕生日とヨガのお祝いを兼ねて」ということ。ありがとう、大事に着させてもらいます。ヨガといわず普段着でもよさそうね。

カーディガン.jpg

ロゴ.jpg


posted by meg3 at 23:37| Comment(2) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

あったかちらし寿司

我が家は2歳の娘のためにちらし寿司を作った。
おしゃべり大好きな娘に「あのお歌だけ歌って!」と頼まれ、今日は何度も「ひなまつり」の歌を歌った。
寒かったからか久しぶりにお昼寝をした娘に、歌を歌って「Nちゃんがお嫁に行くまでお母さん大事に育てるからね〜。」とわたしがつぶやくと、「とんなのやだ!(そんなの嫌だ)とんなとと言わないで!(そんなこと言わないで)」と怒る娘。だから1日中「お歌だけだいい!(お歌だけが良い)」と言っていたる。

最近暖かくなったから酢めしが美味しく頂けそう!と思っていのだけれど、今日はとっても寒い。今年の春はいつ来ることやら。
玄米ちらし寿司と海老と菜の花のお吸い物を作った。玄米に梅酢(塩分が含まれている)に黒砂糖、根菜と体を温める食材を使った「あったかちらし寿司」。子どもたちが喜ぶと思った「いくら」が思ったよりも反応が良くなく、海老と錦糸卵がお気に入りだったみたい。主人は翌朝娘のエピソードと一緒にちらし寿司を食べた。

暖かいおひな祭りは白米に米酢、きび砂糖、塩でお酢めしを作る、そんな風に変化を楽しみながら毎年ちらし寿司を作ろう!

玄米ちらし.jpg

お吸い物.jpg

人参、蓮根、絹さやはひとつまみのお塩で蒸しておく。
錦糸卵を作る。
玄米に梅酢、黒砂糖を好みの味になるまで加えて(子どもは薄味)サクッと混ぜる。
酢めしに野菜を和えてお皿に盛りつける。
錦糸卵、いくらをトッピングする。
posted by meg3 at 23:20| Comment(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

「母と子の手当ての心」

今日は久しぶりに野村奈央さんのワークショップ。
春の排泄のお話と2人組で「背骨の行儀」を行った。

一緒に連れていった息子と娘も落ち着いて遊んでくれたので、すごく自然に活元運動が出て来た。
活元運動をするときに「ここが詰まっているから動かそう。」とか「ここが楽になった。」と思うのは「欲、エゴ」が入っているので、まだ「動かしているつもりになっているだけ」だそう。本当の活元運動はもっと自由に「まかせる、手放す」もの。

いつも頭で何かを考え続けている現代人にとって、この「まかせる」ということが何よりも難しい。
わたしも赤ちゃんに授乳している時でさえ「終わったらお皿を洗って。。。」などと頭の中では別のことを考えていたり、大したことでなくてもたえず思考し続けている。頭が忙しいときに愉気(ゆき)しても「気」が通らない。

また、不安は恐れについても「人はもともと不安や恐れは持っていないものなのです。『自分は人とは別』というエゴや競争、比較といった経験を繰り返すことによって生まれるのです。これらは、教育や育った環境で植え付けられた「癖」。でも、最近そういった親からの「カルマ」を背負わない子どもも育って来ています。自分が受けた『癖』を自分の子どもに押し付けてはいけません。」と野村さんはおっしゃっていた。また、それさえも「こうしてはいけない。こうでなければいけない。」と頭で考えているのではなく、母親がまかせきった状態で心も大らかに、呼吸をしたり、静かな時間を持つことで、自然と今子どもに必要な声かけや手当てが出来るようになる。

「まかせる」ためには、まず頭の中に何もない状態、そこで息、呼吸をすること。
たった20秒の静けさを1日に5回、10回することで、何もかもが変わっていくそう。物事の見え方も、子供に対する声かけも、愉気(ゆき)の質も。

わたしはまだまだそういう域には達していないけれど、ワークショップを継続参加しながら、野村さんのおっしゃることがきれいごとではなく現実的な方法である、ということは実感出来るようになった。頭の中の雑念を排して、ただ呼吸に集中する時間をこれからも増やしていこう。


余談。。。。。
今回娘が始めてわたしの側から離れて息子やスタッフの方と遊べるようになった。また、野村先生や参加者の方から「Nちゃんすごくずっしりしましたね。」とか「自発的になった。」「胸板が厚くなった(呼吸器が強い)。」など声かけを頂いた。
すごく警戒心が高い子なので、始めての場所や慣れない環境ではずうっとわたしのそばに居る場合が多い。けれど、最近気がついたら「いってちま〜つ!」と言ってわたしの元から離れて行くようになっていた。

2ヶ月前に野村さんにお会いしたとき、息子と娘の頭に触れながら、「お兄ちゃんのエネルギーが強くて、妹さんを押さえつけていましたね。もう少しNちゃんの自発的な遊びや行動が出てくると良いですね。」と伺ったのを覚えている。その時、息子は後頭部の左側が出ていて、娘は凹んでいた。頭の形はその都度変わるものなので、娘はスタッフの方に愉気して頂いてその日のワークショップの間に凹んでいた左後頭部もまあるくなっていた。

「エネルギーバランス」そんな言葉が思い浮かんだ。自分の個性、と思っているものでさえ実は身を置いている環境によっていかようにも変わっていく。エネルギーの強い息子を押さえつけようとしていたわたしと、その余波として兄に頭を抑えられていた娘、という構図。最近ようやく本当の意味でそういう構図から脱して来た気がする。わたしは賢くなかったのでただ時間が解決してくれるのを待ったので、けっこう時間がかかってしまったけれど、今出し切れたことは良かったと思っている。

第2子の誕生は子どもにとっても親にとっても1つの転機。上の子は、「赤ちゃんが出来て嬉しい。お兄ちゃんお姉ちゃんになりたい。」という気持ちと「まだ赤ちゃんでいたい。」という2つの気持ちに揺れている。このときに上の子が、「もうお兄ちゃんだからしっかりしなさい。」とか「お姉ちゃんね〜。」などと無理矢理お兄さんお姉さんにさせられてしまうと、大人になっても「まだ赤ちゃんでいたい。」という潜在的な感情が残ってしまい、しっかりとした「大人」になりきれない人が多い。4歳からのしつけの時期は、きちんと「いけないことはいけない」と教えるべきだけれど、上の子もまだまだ「子ども」として接してあげたほうが良い。というのが野村さんのアドバイス。

先日ヤマハ音楽教室の体験レッスンを受けて、息子がすごく嬉しそうにしていた。幼児教室はお母さんと一緒に音楽を楽しむというプログラムだったので、息子とわたしで手を叩いたり、一緒に歌ったりした。もちろん娘も同席なのだけれど、実は息子ときちんと向き合う時間って意外となかったな、とわたしも発見した。上の子も下の子もそれぞれ、幼少期は「親が自分を見てくれている」という確信を持てるとすごい自信になるのだろうな。甘やかすのではなくて、「今日はお父さんと男同士の遠足。」とか「お母さんと一緒にお歌を習おうね。」などと、日常の中にいくつか物語が作れるとよい気がする。
posted by meg3 at 12:21| Comment(0) | 手当て 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

おぱんぼ〜び

今日はわたしの誕生日。
息子、主人の誕生日に続いて我が家はお祝い続き。昨日「明日はお母さんのお誕生日だよ。」と話をして寝たので、娘が「わたちのおぱんぼ〜びはないの〜???」と泣きながら起きて来た。「おぱんぼ〜び」って。。。
そう言えば、わたしも幼い頃妹の誕生日のときに自分が主役じゃないので泣いてしまったことがあったな。我が家で唯一の夏生まれの娘はなんとなく疎外感を感じたのかしら。貴方が我が家の太陽なのに。

平日なのに主人も一緒に夕飯を食べられるよう帰って来てくれるというので、ごちそうを作った。
ネギマにつくね、トマト、キュウリの浅漬け、雑穀おむすびとまるで居酒屋のようなメニューになってしまった。それを知ってか知らずか主人が赤ワインと小さなひなまつりケーキを買って来てくれたので愉快な晩餐。去年はまだ授乳中でお酒を飲めなかったので、気楽にワインを飲めることがすごく嬉しい。

おむすび.jpg

つくね.jpg

きゅうり.jpg

ねぎま.jpg

朝から級友からお祝いメッセージを頂いたり、妹からプレゼントが届いた。少し反抗期の息子からは「お母さんいい子にしていないと、お手紙あげないからね!」と昨日言われたけれど、今日はお父さんが早く帰って来て嬉しかったのか「お母さん、良かったね〜。おめでとう!」と終始ご機嫌。何歳になっても親しい人にお誕生日を祝ってもらえることは本当に嬉しい。

最近家の整理に忙しいわたし、生活を立て直したい気持ちが高ぶっているように思う。
昨年始めたプライベートヨガ、お客さんにも恵まれゆっくりペースだけれど継続している。今年はグループレッスンを始動、そしてマタニティヨガ指導の勉強もしたいな、と思っている。

明後日はおひなまつり、今度の主役は娘ちゃんよ!
posted by meg3 at 00:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。